「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

映画の背景に映り込んでいる貴重映像①

la-pandaさんのところで、『ニューヨーク1973/LIFE ON MARS』
という米国製の刑事ドラマを取り上げていらっしゃった。
これは、英BBCで放送されて人気を呼んだ「時空刑事1973 LIFE ON MARS」のリメイク版で、ハーヴェイ・カイテルも出ているらしい。
お話は2008年に生きる刑事が1973年にタイムスリップするところから始まる。
そして、刑事がまず目にするのが、当時建ったばかりのツインタワービルだというんだね。
AXNでやっていて視聴できないので、YouTubeでその映像を探してみた。



なるほど~。1973年のNYを象徴する建物といえばピカピカのWTCだったろうし、
それを見た主人公がショックを受けたのも想像に難くない。

それで思い出したのが、1971年に公開された『ホットロック』
ロバート・レッドフォード主演の軽快なピカレスクムービーなのだけれど、
こちらには、1971年だけに建設中(!)のWTCが出てくるのです。
その映像がこちら。



こういうシーンが切り取られてYouTubeで公開されているということは、9.11をきっかけにこの映画を思い出した人が僕だけでなく沢山いたということでありましょう。
ロケの多い映画には、こういう貴重なショットが背景として映り込んでいることがあるんですね。

ならば、同じ頃に公開された他の映画やテレビドラマに、建設中のWTCは映り込んでいないだろうか・・・
そう思って、頭を巡らしてみた。
当時、やっていたTVドラマシリーズでNYを舞台にしたものといえば、『警部マクロード』か『刑事コジャック』かな。
で、調べてみたら、『警部マクロード』は1970年から、『刑事コジャック』は1973年から放映が始まったことがわかった。
ということは、建設中のWTCが映っているとしたら、『警部マクロード』(声:宍戸錠)か。

てなわけで、YouTubeで見つけたのか、下の映像。
さて、映っているのか、建設中のWTC・・・・


[PR]
by kiyotayoki | 2010-03-04 11:59 | 備忘録