「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

レスリー・ニールセンさんの訃報

a0037414_18583568.jpg
レスリー・ニールセンが、28日、亡くなったそうだ。
もうご高齢(84歳)だったから、いつかは届くとは思っていた訃報だけれど、
やはり寂しかったな。

レスリー・ニールセンといえば、思い出すのは『フライング・コップ』という
ナンセンスなテレビシリーズ。
ニールセンのコメディセンスが初めて注目された映画『フライング・ハイ』(1980)』のジム・エイブラハムズ、ジェリー&デヴィッド・ザッカー兄弟が製作したテレビ用コメディ刑事ドラマです(原題:POLICE SQUAD)。

本国では、面白過ぎたせいなのか視聴率が伸び悩み、6話で打ち切られたらしい。
そのせいか日本では放映されなかった・・・。あれれ、TVで観たと思ってたけど、じゃビデオで観たんだろうか???
(あとで思い出してみたら、どうやら輸入ビデオで本国より少し遅れて観た模様^^;)

ご覧になったことのある方なら思い出し笑いしちゃうだろうけど、
オープニングタイトルからもう思い切り笑わせてくれるんです。こんな感じに。



ちなみに、エイブラハム・リンカーンと毎回出てきた途端に殺されてしまうゲストスターは当然ながら本編には登場しません(^^;

お話は、レスリー・ニールセン扮するフランク・ドレビン 警部補の奮闘を描く刑事ドラマではあるけれど、とにかく30分間、登場人物全てが真面目な顔で黙々と馬鹿を演じ続けます。ツッコミ無しのボケっぱなし。
これが元になって、映画「裸の銃を持つ男」シリーズができたというのはご存じでしょうか。

6話で終わったシリーズだけど、熱烈なファンは結構いたんですね。知らなかったけど、その熱望に応えて今年4月にDVDが発売されたんだそうです。そのプロモーション映像がコチラ。



劇中、何でも知ってる情報屋の靴磨きが出てくるんだけど、
これは「古畑任三郎」で三谷幸喜さんが上手にパクってらっしゃった(八嶋智人がやっていた役です)。

もちろん、エンディングでも笑わせてくれます。




レスリー・ニールセンさん、沢山の笑いをありがとうございました。
&,R.I.P.
[PR]
by kiyotayoki | 2010-11-30 09:33 | 閑話休題