映画の心理プロファイル

シャルル・アズナブール JAZZNAVOUR

たまたま図書館で手に取ったCDです。

a0037414_1151334.jpg
まずタイトルが気に入った。
JAZZNAVOUR ジャズナブール

これは、JazzとAznavourを合体させたもの。
シャルル・アズナブールといえば、フランス・シャンソン界の大御所。今年の5月でもう87才になられるんだね。
そのアズナブールが98年、74才の時に出したアルバムがこれ
(「ガンダム」のシャア・アズナブルの名は、この人に由来)。

アズナブールの往年のヒット曲をジャジーにアレンジしたのはジャズピアニストで編曲家のアンドレ・マヌーキアン。
その他、世界で活躍しているヨーロッパ系のジャズ・ミュージシャンの面々がサポート。
そして、女性ヴォーカルとしてジャズシンガーのダイアン・リーブスも参加してる。

自宅に戻って聴いてみたら、これがなかなかいいんです♪

YouTubeでアルバムの中の一曲Yesterday When I Was Young(帰り来ぬ青春)を見つけたので、
よかったらお聴きください。
恥ずかしながらこれがアズナブールの作詩・作曲とは知らなかった。

思い出せば、ほろ苦く舌に感じられる帰り来ぬ青春をうたった名曲です。




下の映像は、アズナブールが1974年に作曲した名曲「she」。
それを2009年というから、85才の時に歌った時の模様。まだ現役なんだね、すごい!


[PR]
by kiyotayoki | 2011-03-07 13:40 | 閑話休題