映画の心理プロファイル

Knock on woodをするシーン♪

先日、Knock on woodを話題にしたことがあった。
Knock on wood(幸運が長続きしますように!)
いいことがあった時に、その反動で災いがやってこないようにって祈りをこめて木製のテーブルなどをコンコンコンとやる、
おまじないの一種です。

映画でも時々見かけるんだけど、どの映画のどんなシーンに出てきたか、
なかなか思い出せなかった。

そうしたら、映画の神様が僕にプレゼントしてくれたのか、
なんと深夜に眠れなくて見始めた『ホームアローン2』(1992)にコンコンコンってやるシーンが出てきたではありませんか♪
そのシーンがこちら。

a0037414_12443067.jpg

当時人気絶頂だった子役のマコーレ・カルキン扮する主人公ケヴィンの両親がやってくれたのです。
クリスマスに家族でマイアミにやってきたものの、ケヴィンがいない。
そこで空港の警察官に事情を説明しているシーンなのだけれど、
「今まで一度も旅行で荷物をなくしたことはないんですよ」ってセリフの後で、夫婦してコンコンコンとやるのです。
なのに、息子は2度までも“紛失”しちゃったと嘆く2人。

重要なシーンでもないし、その映像をYouTubeで見つけるのは無理かもなぁと思ったら、
なんと予告編にこのシーンが使われておりました♪
始まって25、6秒あたりに出てくるので、時間に余裕のある方はご覧になってみてください(^^ゞ




二人して仕草が同調しちやうことを、心理学では「シンクロニー(同調行為)」といったりしますが、
それはこの夫婦の仲がいい(円満である)証拠でもあるんですね。
何かの時に使えそうだから、キープしておこうかな、この映像(^-^)♪
[PR]
by kiyotayoki | 2011-05-12 07:30 | 閑話休題