「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

いただきものから知ったこと

ちょっと前に知り合いの編集者からコーヒーをいただいた。
「日本で最も美しい村」の珈琲
という素敵なネーミングのコーヒーです。

a0037414_2013833.jpg

「日本で最も美しい村」がどこにあるのか調べてみたら、
長野県上伊那郡にある中川村というところ。遠くに南アルプスを望み、村の真ん中を天竜川が流れる風光明媚な村らしい。

a0037414_9541385.jpg

お隣の下伊那郡には大鹿村がある。大鹿村といえば、原田芳雄さんの遺作となってしまった映画
『大鹿村騒動記』の舞台となった村だ。
検索してみると、その大鹿村も「日本で最も美しい村」と銘打っているらしい。

さらに検索してみてわかったのだけど、「日本で最も美しい村」と銘打つ“村”は全国に39(36町村と3地域)あるとのこと。

a0037414_2245536.jpg

その39の“村”でNPO法人「日本で最も美しい村」連合というものを形作ってる。
(2005年10月に7つの村でスタート)

元々はフランスに素朴な美しい村を厳選し紹介する
「フランスで最も美しい村」活動というのがあって、
それを見習って、失ったら二度と取り戻せない日本の農山村の景観・文化を
守る活動をはじめたんだとか。

左がそのシンボルマーク。
のんびりとした村の風景が藁葺き屋根の農家にも見える可愛らしいイラストだ。


だけど、さらに調べてみて、ショッキングな情報を知ることになってしまった。

この「日本で最も美しい村」に、福島の飯舘村も参加していたらしいのだ。
飯舘村といえば、「計画的避難区域」に指定されて、村民のほとんどが他の地域への避難を強いられている村。
原発は「日本で最も美しい村」のひとつを「無人の村」にしてしまったのか。


この村に平和と美しさが戻るのは、いったいいつになるのだろう。



[PR]
by kiyotayoki | 2011-08-14 10:50 | 備忘録