「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『ペネロピ』(2006 英・米)

久しぶりにテレビの周りを掃除したら、テレピ台の下から一枚DVDが見つかった。
長らくそこにあったらしく、ケースは埃をかぶってた(^^;。

デッキに入れてみたら、録画されていたのはこの映画だった。
そうそう、前から観よう観ようと思っていたのに。ないと思ったら、こんなところにあったんだ♪

a0037414_22435998.jpg

原題:『PENELOPE』(101分)
監督:マーク・パランスキー
脚本:レスリー・ケイヴニー
音楽:ジョビィ・タルボット
出演:クリスティナ・リッチ
    ジェームズ・マカヴォイ
    キャサリン・オハラ

ご先祖様にかけられた呪いのせいで豚の鼻を持って生まれてしまったヒロインの
恋と成長を描いた現代版おとぎ話って感じのキュートな作品。

主人公のペネロピに扮するのは、豚の鼻がとってもお似合いのクリスティーナ・リッチ。
子役時代に『アダムス・ファミリー』に出た呪いかどうかは知らないけれど、
彼女がフツーの女の子の役をやったのを見たことがない(例外はTVドラマ『アリー・マイラブ』ぐらい?^^;)

なぜ、ペネロピが豚の鼻を持って生まれてきたのか。
それは、ご先祖のウィルハーン卿が下女を孕ませてしまったせい。
捨てられた下女は、世をはかなんで自殺。
そこまではありがちな悲劇だったのだけど、下女の母親が呪術を使う女(魔女)で、
「次にこの家の血筋に生まれる娘は豚になれぇ!」との呪いをかけちゃったのだ。

だけどそこは英国のお話なので、いきなりシニカルなユーモアでにんまりさせてくれる。
せっかくかけた呪いがなかなか成就しないのだ。
というのも、生まれてくる子がことごとく男児なので、フツーに生まれてきちゃう。
やっと女児が誕生するんだけど、これまたフツー。
なぁんだ呪いなんかかかってなかったの?・・・と思ったら、なんとその女児は妻が浮気をして生まれた子だったんですねぇ。
つまり、ウィルハーン家の血筋じゃないので、フツーに生まれちゃったというわけ(^^ゞ。

そんなわけで、ペネロピ誕生まで魔女の呪いは成就しなかったのだけど、生まれてきた異形の我が子を見て両親は卒倒。
ショックを受けた母ジェシカは、世間の好奇の目を遠ざけたい一心で、ペネロピを死んだことにしてしまう。
以来、屋敷から一歩も外へ出ることなく成長したペネロピなのだけど、
18歳になった彼女は母ジェシカによって見合いを強制されるようになる。
というのもジェシカは、結婚相手(ただし名家に限る)の真実のキスが娘の呪いを解いてくれると信じていたから。
白雪姫が王子のキスで死の淵から蘇るあのパターンですね。ファンタジーの王道です。

a0037414_10401034.jpg

だけど、次々と現われる求婚者たちはペネロピの顔を見た途端、恐怖に駆られて逃げ出してしまう。
チャーミングな豚鼻だから、窓を蹴破って逃げ出すほどのことはないと思うんだけどね。

a0037414_195113.jpg
そんなウィルハーン家の秘密を執拗に探っているのが新聞記者のレモン。
演じているのは、身長1m35㎝のピーター・ディンクレイジ。
欧米のファンタジー映画には欠かせない彼ら。
ただ、妖精だのドワーフだの、その他大勢の役が多いのが実状。
だけど、この映画では重い役だし、いい演技を見せてくれている。

それにしても、豚鼻の女という異形なる者を追いつめるのが、
異形の代表格であるミゼットだというのが、まあなんという因縁というか、皮肉というか。

レモンは、謎の豚女のスクープ写真を撮るために、
名家の落ちぶれた青年マックスをペネロピの屋敷へ送り込む。
さて、秘密は暴かれてしまうのか。
そして、豚鼻のペネロピに幸せな明日はやってくるのだろうか・・・。

落ちぶれ貴族のマックスを演じるのは、 『つぐない』『ウォンテッド』の若手俳優ジェームズ・マカヴォイ。
最初は金目当てだったマックスとペネロピが恋に落ちるであろうことは容易に想像がつくのだけれど、
このお話、その過程で一捻りしてあってちょっと面白い展開を見せます。
ただ、一捻りが災いしてか、少々中だるみしてしまうのも確か。
一捻りのさじ加減って案外難しいものなんだね。

そうそう途中から、リース・ウィザースプーンがやや中途半端な役で出てきて、ちょっと驚いたけど、
彼女ってこの映画のプロデューサーだったんだね。

a0037414_9574054.jpg

ペネロピにかけられた豚鼻の呪いは最後には解けることになるのだけれど、
リースのアゴにかけられた呪い(?)は最後まで解けることはありませんでした、とさ(;^^
[PR]
by kiyotayoki | 2011-08-26 13:08 | 映画(は行)