映画の心理プロファイル

お久しぶりのショーン・コネリー

数日前の新聞に載った一面広告です。

a0037414_0113351.jpg


おお、ショーン・コネリーさんじゃありませんか。
ルイ・ヴィトンの広告なんだけど、
撮影は、バハマにある彼の別荘近くのビーチで行われたんだとか。
俳優業を引退されて久しいけれど、
お年を召しても、ダンディーぶりは変わりませんね。




だけど、撮影は2008年。この新聞広告も、3年前に掲載されたものと同じらしいんだよね。
なんで今頃、また新聞に載ったんだろ・・・。
それがちょっと不思議。


コネリーさん、ルイ・ヴィトンが積極的に支援している地球温暖化防止プロジェクトに共鳴して、広告塔になることに応じたようです。
ルイ・ヴィトンのサイトを見ると、そのあたりの経緯や、ショーン・コネリーのナレーションによる映像詩を楽しむことができますよ。


下の映像は、去年のエジンバラ国際映画祭でのひとコマ。
コネリーさんの80歳の誕生日を祝って、
マイケル・ケインと共演した『王になろうとした男』(1975)が特別上映された時の模様。
小さいおじさん(サイード・ジェフリー)もその時共演したおひとり。
地元で開催される映画祭だけに、コネリーさんの思い入れはひとしおのようだ。


[PR]
by kiyotayoki | 2011-10-26 00:35 | 閑話休題