映画の心理プロファイル

くまモンと二度目の遭遇

a0037414_11375473.jpg

まだ知名度は低いかもしれないけれど、
先月、ゆるキャラグランプリで1位になった“くまモン”と再び遭遇してしまった。

この夜、くまモンが飛び入りで登場したのは、熊本では知られているカントリーバンド
“チャーリー永谷とキャノンボール”のクリスマスライブ(於、目黒・雅叙園)。

わざわざ東京まで出張ご苦労様&飛んだり跳ねたりお疲れ様(きっと着ぐるみの中の人は汗びっしょりだったんじゃないかな)。

a0037414_1347756.jpg


カントリーバンドって、今や絶滅危惧種に指定されるんじゃないかと思うほど、
活動しているバンドは少ないみたいだけど、
このバンドのファンは珍しく全国にいるみたいで、隣の席のお客は福島からわざわざおいでになった方だった。
地震に原発被害にと大変なご苦労がおありになるのだろうなと思ったら、

「福島は本州では二番目に大きな県です(一番は岩手)。
ですから、私らのところは原発からは東京と同じくらい遠いんですよ。
なのに、それを知らない人は、福島というだけで目の敵になさる。
風評被害はそりゃもうひどいもんです」

そうおっしゃって、そのひどさの一端を聞かせてくださった。
例えば、福島ナンバーだというだけで、車に「早くフクシマへ帰れ!」と落書きをされたり、
福島ナンバーの車がとまっている駐車場のまわりだけは誰も駐車しない、など。

「自分がそういうことをされたらって考えないんでしょうかね」
と、笑顔だったその方の顔がその時だけは険しくなった。


言葉に詰まってろくな返事さえできなかった自分が情けなかった・・・。
[PR]
by kiyotayoki | 2011-12-12 13:17 | 閑話休題