映画の心理プロファイル

懐かしの牧伸二さん、健在♪

a0037414_10213016.jpg
先週の水曜日、浅草の東洋館で牧伸二さんのステージを堪能♪

1934年生まれだというから、ただ今77歳。
かなり長いことテレビではお姿を見かけていなかったし、
10年くらい前に脳溢血で倒れられたと聞いていたので、
ちょっと心配していたのだけれど、
なんのなんの、喜寿とは思えぬ元気なステージぶりで、
ウクレレ漫談の他、
最近ハマっているというロックンロール風の持ち歌を披露してくれた。

YouTubeに最近の牧伸二さんのステージ映像があったので、
興味のある方はクリックしてみてくださいまし。



牧伸二さんというと思い出すのはやはり子供の頃から長らくやっていた演芸番組『大正テレビ寄席』かな。
調べてみたら1963年~1978年まで15年続いた長寿番組のひとつだったという(NET、現テレビ朝日)。
子供の頃から日曜日のお昼というと、この番組を見るのが楽しみだった。
当時、大好きだった獅子てんや・瀬戸わんや、Wけんじといった漫才師たちの他に、
コント55号やラッキー7なんかもよく出ておりました。いわゆる“いろもの”中心の寄席番組だったんですね。

番組の後半には「バ~ゲンだよ~♪」で始まるチャリティーオークションをやる名物コーナーがあったっけ。
売り上げは確か「あゆみの箱」に寄付されておりました。

そうそう、この日は牧伸二さんが会長を務める東京演芸協会の芸人さん達も多数出演。
その中のひとり、牧伸二さんの末の弟子、吉川ひよこさんとは演芸会の後、お疲れ様会でご一緒させていただいた。
ひよこさん、ステージではお師匠さんゆずりのウクレレ漫談で笑いをとっていましたが、自作の歌も披露。
歌って笑わせられる女性の芸人さんは少ないので、これからも頑張ってステージでネタに磨きをかけてって
いただきたいなと思いましたよ♪

a0037414_1251875.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-03-20 12:08 | 備忘録