「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

東京にもあったんだな、巨大風車!

先日、電車内の広告を眺めていて、自分の勝手な思い込みに気づかされた。

その広告は、ある教育関連の会社のものだったのだけど、
火力発電の燃料としてどういうものが使われているかが円グラフで示されておりました。
それを、思わず二度見!
というのも、僕には「火力発電の燃料は主に石油」というまるで「それが常識」とでも言いたげな
思い込みがあったのに、その円グラフにはまったく違う数値が表示されていたから。

火力発電に使われる燃料比は石炭と天然ガスがだいたい40%ずつで、石油は15%ぐらいしかないというのだ。
理由は明快、石油は燃料代が高くつくから。
検索してみたら、石油を大量に使っていたのは1970年代までだったらしい。
うわわっ、僕の中の“常識”はその頃のまま更新されていなかったんだぁ(;^^

「CO2削減」といった環境問題で、火力発電がやり玉にあげられるのはCO2製造燃料みたいな石炭を大量に
使っているのが原因なんだな。
それに今まで気づかなかった自分の浅はかさに脱力。
そして自分の無知は棚上げにして、石油の価格高騰を理由に電気料金を上げようとしている東京電力に
ちょいとモノ申したくなってしまった。


それにしても、原発再稼働問題は国会で喧しいほど取り上げられているけれど、
自然エネルギーの開発や活用に関してはすっかり忘れられた感がある。
いろいろ批判はあれど、自然エネルギーへの転換は前首相の置き土産でもあった。
ぜひ、原発へ向ける無駄な予算をどっと注ぎ込んで、自然エネルギーの有効活用を推進していただきたいものだ。

・・・・なあんて柄にもなく思いを巡らしていたら、先日夜中に、タクシーの窓から意外なものを見てしまった。

それは巨大な風力発電用の風車だった。
まさかこんな巨大な風車が東京にもあったなんて。
場所は、江東区若洲(新木場駅のそば)。

過密都市東京では、風力発電の巨大な塔はスペースの確保も難しいし、
騒音問題も出そうだから無理だろうと勝手に決めつけていたのだけれど、
実はそれも勝手な思い込みにすぎなかった。
東京にはこんな広い敷地が、しかも騒音問題も関係ないような土地が探せばかなりあるんだなぁ。


暗くて写真が撮れなかったので、画像検索をして昼間の写真をゲットしました。
それがこちら。

a0037414_23134182.jpg

調べてみたら、この巨大風力発電塔は、江東区が地球温暖化対策の一環として、
平成16年3月より稼働をはじめたものらしい。
高さは、なんと100m、羽根の直径は80mあるそうな。

資料によると、日本で最大級を誇る巨大な風車で、
年間350万キロワットの電力(一般家庭の約1,000世帯分)を発電するんだという。
だけど、1基じゃ淋しい。あそこは埋め立て地で土地は空いてるし、何基も並べて
(1区1基でも23基並ぶ)発電量をもっと増やしてもいいんじゃない?
メガロポリス東京に電力を供給するには焼け石に水なのだろうけれど、
緊急時には役立ってくれるんじゃないだろうか。
それとも、その電力を元に新たな電力会社を設立して、東京電力の寡占状態に風穴を開けるというのはどうだろうか。

回ってる姿を是非見てみたいという方は、下のYouTube映像をご覧ください。


[PR]
by kiyotayoki | 2012-03-27 12:03 | 閑話休題