映画の心理プロファイル

『クジラの島の少女』(2002 新西蘭・独)

a0037414_11121942.jpg
原題:『WHALE RIDER』(101分)
監督・脚本:ニキ・カーロ
原作:ウィティ・イヒマエラ
出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ
    ラウイリ・パラテーン
    ヴィッキー・ホートン
    クリフ・カーティス 

近ごろ元気なニュージーランド産の映画です。
去年のアカデミー授賞式で主演女優賞ノミネート者にこの映画の主役を務め
た女の子が名を連ねていたので、どんな映画なんだろうってずっと気になっ
ていた作品。子役つながりでやっと見てみました。    
ニュージーランド出身の子役というと、『ピアノ・レッスン』(1993)でアカデミ
ー助演女優賞をとったアンナ・パキンを思い出しますが、彼女が曲者タイプ
なら、こちらのケイシャちゃんはナチュラル派。エキゾチックな顔立ちは半分
マオリ族の血が混じっているから。

原作者はニュージーランドの先住民マオリ族出身の作家ウィティ・イヒマエラ。
時代は現代。舞台はニュージーランド東海岸にある小さな浜辺の村。
美しい自然はたっぷり。でも、若者は街へ出ていくようで、村はひっそり。
この村には古い伝説がありました。
それは、1千年前、先祖のパイケアという勇者がクジラの背中に乗ってこの地
へやってきた、というもの。
村長のコロ(R・パラテーン)は、そのパイケアの血をひく勇者の家系で、長男
ポロランギ(C・カーティス)に跡継ぎが生まれるのを心待ちにしていました。
ところが好事魔多し。男女の双子を身ごもった妻が不幸にも命を落としてしま
ったのです。不幸は続き、男の子も死産で、無事生まれたのは女の子のほう
だけでした。
悲嘆にくれるポロランギに父であるコロは冷徹にこう言います。
「また妻をめとればいい。そして今度こそ男の子を産むのだ」
勇者の家系を次ぐのは“男”と決まっていたのです。
失意のポロランギは、そんな父に反発し家を出、ドイツへ渡ってしまいます。
父親にパイケアと名づけられた女の子は祖父母に育てられることに。

こうしてこの世に生を受けたパイケア。
祖父母は優しかったものの、自分は祖父の期待を裏切って生まれた子という
負い目がどうしても拭えません。
事実、祖父のコロは、伝統を守るためマラエ(集会所)へのパイケアの出入り
を禁じます。そして、マラエにパイケアと同じ12歳の男の子たちを集めて
勇者選抜の特訓と試験を始めます。自分の家系から勇者を出せないのなら
せめて村の男子から選ぼうと。
パイケアはなんとか祖父の期待に応えようと、隠れて武術の稽古をしたりしま
すが、かえって祖父の怒りを買う始末。
そんなパイケアの運命が変わる日が、ある日突然やってきます。
浜辺にクジラの群が打ち上げられたのです。
さて、クジラはパイケアにどんな運命を授けに現れたのでしょうか。

この映画は、12歳の少女パイケアの自立(自己確立)がテーマ。
子供の自立がテーマの映画を並べてみると、
『魔女の宅急便』(1989)のキキ、13歳。
『ビッグ』(1988)のジョッシュ、12歳。
『スタンド・バイ・ミー』(1986)のゴーディ、12歳。
『依頼人』(1994)のマーク、11歳・・・
と、どの主人公も年齢が12歳前後であることがわかります。
12歳前後という年齢は、発達心理学的にいうと、青年期前期にあたり、
思春期とも呼ばれる時期。また、この時期は子供が親離れを始める時期
(第二次反抗期)でもあります。また、肉体的にも大きな変化が起こる時期(第
二次性徴)でもあるんですね。つまり、心も体も子供から大人に変わっていく
時期ということ。そのせいか世界のあちこちに、その時期に成人の儀式を行う
風習が残っています。マオリ族の伝統儀式もそのひとつなんでしょうね。
ある意味ではとても不安定な時期、多感な時期ですから、その年頃の子は
とんでもないこともしでかしがち。それだけにドラマも生まれやすいし映画に
もしやすい。
このテーマの映画の主人公の年齢が12歳前後なのにもちゃんとワケがある
んですね。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-01-18 10:11 | 映画(か行)