映画の心理プロファイル

ひと夏の恋

突然の告白に、ちょっと、
いや、ちょっとどころか、驚きのあまりに
体がまるで金しばりにあったように動けなくなってしまった。



夜の公園とはいっても、まだ7時を過ぎたばかりで
周りを人が何人も行き交っているというのに、
キミったらホンットに大胆。



だけど、僕を見つめるキミの黒い瞳は真剣そのもので。



しかも、恥じらいながらも、少しずつ僕との距離を縮めてくる。



ちょっとちょっと、何をするつもり?
僕にだって心の準備というものが・・・。


                               ▼
                               ▼
                               ▼
                               ▼
                               ▼
                               ▼

a0037414_2341375.jpg


カメラのフラッシュにも微動だにしないキミって、どういう神経の持ち主?
それどころか、じわりじわりと近づいてくるし。

a0037414_2343291.jpg


連れて帰って、せめて一夜だけでもキミと一緒に・・・
そうも思ったのだけど、
だってキミ、未成年でしょ。
羽化して1日?それとも2日目?

こっちは腕にモーラステープを貼っているようなおじさんだし、歳の差がありすぎる。
種の違いもありすぎだから、会話が成り立つかも疑問だし。

無理無理、やっぱり無理。

そんなわけで、僕は心を鬼にして、そばの木の幹に移るようキミを促した。

初めはためらっていたキミも、最後は諦めたように僕の腕から木の幹へ・・・。

a0037414_2316128.jpg




ごめんね、
キミの愛を受け止められなくて。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-08-11 10:30 | 閑話休題