映画の心理プロファイル

「バーナム効果」と「二面性提示」

朝の忙しい時間でも、つい手を止めて見てしまうのがテレビの占いコーナー。
女性に限らず、男性でもその日の運勢を気にする人は案外多いもの。
なぜ占いって、そんなに気になるのか。

a0037414_9493156.jpg

それは、人が常に自分のアイデンティティを探し求めている生き物だからだという心理学者がいます。
「私って何?」「何のために生きてるの?」
いつもそう自問自答しているのに、なかなか答えは見つかりません。
その答え(らしきもの)をいとも簡単に出してくれるのが占い。だから、気になるのでしょうね。
でも、なぜ占いは当たっているように思えるのでしよう。

それは『バーナム効果』が働いているからでもあると言われています。
例えば、占いページのあなたの誕生星座に次のような文章があったらどう思いますか?

「あなたは負けず嫌いですが、その反面、些細なことで弱気になって、思い悩んでしまう人でもあります。
また、自分を不器用な人間だと思っていて、人から好かれたい気持ちがあっても、
それをうまく表現できないことがあります。それだけに、人間関係が原因で、恋愛にしても仕事にしても、
トラブルを抱えてしまうことになりがちです」


いかがです?どの指摘も思い当たる節があるのではないでしょうか。
中には「全部当たってる。これは私そのものだ!」と思った人もいるかもしれません。
でも実はこれ、『バーナム効果』が働くように作られた文章なのです。
つまり、誰にでも当てはまるように書かれた文章であるということ。

もう一度先ほどの文章を読んでみると、それがよくわかります。誰にでも負けず嫌いな部分があるし、
一方で弱気になってクヨクヨしてしまうものです。不器用な部分だって誰にでもある。
また、人間関係で悩まない人がいるとしたら、相当おめでたい人に違いない。

しかもこの文章、『二面性提示』という心理テクニックも使われています。
これは相手の相反する二つの面を指摘するという方法。
先ほどの文章でも、「負けず嫌い」と「弱気」の二つの面を指摘していますよね。
人って一面だけを指摘されるより、二面的に言われたほうが当たっていると思ってしまいがちなのです。

恋人から「キミって淋しがり屋なんだね」と言われるより、
「キミって我が道を行くタイプに見えて、本当は淋しがり屋なんだね」と言われたほうが、
自分のことをわかってくれてるんだと、胸がキュンとしてしまうというわけです。

この『二面性提示』のテクニックは、普段の生活の中でも活用できますよね。
あなたもこのテクニックをうまく活用して、意中の相手のハートをガッチリつかんでみませんか。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-12-12 09:53 | 備忘録