映画の心理プロファイル

『ファーゴ』(1996 米)

a0037414_1255138.jpg
原題:『FARGO』(98分)
監督:ジョエル・コーエン
製作:イーサン・コーエン
脚本:エリック・フェルナー
    イーサン・コーエン
    ジョエル・コーエン
音楽:カーター・バーウェル
出演:フランシス・マクドーマンド
    スティーヴ・ブシェミ
    ウィリアム・H・メイシー
    ピーター・ストーメア

「面白うて やがて悲しき 鵜舟(うぶね)かな」という松尾芭蕉の句がありますが、独特の作風で、いろんな「面白うて やがて悲しき 人間模様」を描いては私たちを楽しませてくれているのがコーエン兄弟なのかも。
a0037414_1354548.jpg
a0037414_13572954.jpg
この映画で、“面白うて、やがて悲しき鵜”の役を演じているのは、ドングリ眼(まなこ)のウィリアム・H・メイシー。
この人の第一印象は「腹話術の人形みたいなおっさんだなぁ」でしたが、今や貴重なバイプレーヤーとして八面六臂の大活躍をなさっています。
たとえ地味な役でもすごく印象に残る・・・という意味では、結構“怪優”っぽい役者さんです。
ここでの役どころは、雪深いアメリカ中北部ミネソタ州の田舎町のカーディーラー。このジェリーという男、一見真面目で堅実そうに見えますが、実は借金まみれで、その返済のために自分の妻を誘拐し、会社のオーナーである義父から身代金を取り、それで穴埋めしようと画策していました。
しかし、ジェリーはなぜそんなことを考え出したのか。
それは彼が『ルサンチマン』の塊になっていたからなのでしょう。

『ルサンチマン』とは、弱者が強者に対して内心ためこんでいる憎悪やねたみの感情を言いますが、入り婿同然で義父(強者)に頭の上がらないジェリーにとっては、この計画は借金返済と義父への意趣返しを一挙にできる妙案に思えたんでしょう。

a0037414_15431782.jpg
a0037414_1544879.jpg
その計画を実行に移すために雇ったのが変な2人組、乱杭歯が目立つカール(S・ブシェミ)と凶悪そうな大男グリムスラッド(P・ストーメア)。
ブシェミとストーメアの、まるで息の合わない迷コンビぶりを見るのも、この映画の楽しみのひとつです。

でもジェリーはすぐに2人を雇ったことを後悔します。計画の変更を命じようとしたのに連絡がとれないのです。
そのうちに2人は勝手に計画を実行。
妻を誘拐したまでは良かったけれど、逃走中、停車を命じた警官と目撃者を考えもなしに射殺してしまったことから事態は急展開!
a0037414_18175859.jpg
殺人事件が起きたのですから当然、警察が乗り出してきます。そこで登場するのが女性警察署長マージ(F・マクドーマンド)。
彼女のキャラクター設定がまたコーエン兄弟らしい。売れない挿し絵画家の夫と2人で暮らしているマージは臨月間近の妊婦。だから食欲旺盛で食べる食べる。つられて旦那も食べる食べる(そのせいかお2人ともやや太り気味)。失礼ながら、美しさ、格好良さとは無縁の主人公なのです。
そのくせ、高校時代の男友達と会う時はダイエットペプシを注文したりして、可愛いところはあるんですよね。
そんな頼りなさそうな主人公ですが、捜査のポイントはちゃんと押さえていて、確実に真相に近づいていきます。

その頃、偽装誘拐を図ったジェリーはというと、誘拐が現実化したため、義父に「妻の身代金は100万ドル」であると告げ、この際一挙に大金を手に入れようと欲をかきます(当初の計画では8万ドル)が、義父に「今後、誘拐犯との交渉はワシが全部やる」と宣言されて大弱り。
さて、このドラマ、どんな結末が用意されていると思います?
a0037414_20777.jpg

            Cult-Q.下の2人は何者でしょう?
a0037414_1285447.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-05 20:08 | 映画(は行)