映画の心理プロファイル

『サイドウェイ』(2004 米)

a0037414_18372043.jpg
原題:『SIDEWAYS』(130分)
監督:アレクサンダー・ペイン
原作:レックス・ピケット
脚本:アレクサンダー・ペイン
    ジム・テイラー
出演:ポール・ジアマッティ
    トーマス・ヘイデン・チャーチ
    ヴァージニア・マドセン
    サンドラ・オー

淡々としたお話で出演者も地味なこの作品が批評家(主に男性)から絶賛され、アカデミー脚本賞までとったのは、一にも二にも“身につまされるお話(特に男性にとって)”だからなんでしょう。
a0037414_13162373.jpg
ポール・ジアマッティ扮するマイルスは、ワイン通なことが取り柄のバツイチ中年男。作家志望で、書き上げた作品を小さな出版社に持ち込んではいますが、難解な内容が災いしてか出版の可能性は限りなく低そう・・・と、本人も自覚してる。
つまりマイルスは、それなりの人生を経て何度も挫折を味わい、夢は夢でしかないと諦観しているのに、まだ言い訳しながらそれにすがって対面(自尊心)を保っている世の大多数の男性の象徴のような男なのです。
“大多数の”なんて決めつけちゃいましたが、我が身を振り返ってみても^^;この世代の男はたぶん、いや、きっとそう(;_;)。
マイルスと一緒に旅をすることになるジャック(T・H・チャーチ)にしても、趣味嗜好や職業(俳優業、マイルスは中学教師)はまるで違うものの、うまくいかない人生に言い訳しつつ何とか折り合いつけて生きてる点では同じ。
そんな2人が男同士で旅に出たのは、1週間後に式を挙げるジャックのため。マイルスは独身最後の記念にバチェラー・パーティならぬワインとゴルフ三昧の旅を提案したのでした。でも、ジャックとしてはワインとゴルフはほどほどにして独身のうちにたっぷりアバンチュールを楽しもうって腹づもりなんですが…。
目的地は、老舗ワイナリーが集中するサンタバーバラ。
a0037414_10585634.jpg
でも、出てくるのはカリフォルニア・ワインばかりではありません。
マイルスは61年物の『シュヴァル・ブラン』(仏、ボルドー)を宝物にしていますし、旅先で出会った2人の女性もワイン通で、マヤ(V・マドセン)イチオシはサッシカイヤ(伊、トスカーナ)だし、ステファニー(S・オー)のそれはリシュブール(仏、ブルゴーニュ)・・・と、ワイン好きならヨダレの出そうな銘柄が会話のあいだに出てまいります。手が出ない値段のものばかりですけど、volnay007さんは飲んだ経験おありでょうかしらん。
a0037414_1158331.jpg
2人の旅は、“面白うて やがて悲しき 宴かな(ホントは「鵜飼いかな」なんですってね)”という松尾芭蕉の一句のような様相を呈していきます。そのあいだに男の観客は、見栄っぱりな男の性、変なところにこだわりたがる男の性、未練がましい男の性を見せつけられ、思わずうつむいてしまいそうになります。自分を見ているような気になっちゃうからです^^;。いじけ虫のマイルスや快楽主義のジャックと自分を『同一視』しちゃうんですね。

出版の夢が絶たれ、別れた妻への未練から新しい恋にも踏み切れないイジケ虫マイルスは、61年物の宝物をこともあろうにハンバーガーショップに持ち込んで、がぶ飲みしてしまいます。あああ、もったいない。でもその気持ちわからないでもないけれど。
そんなマイルスに、この映画はどんなエンディングを用意してると思います?
[PR]
by kiyotayoki | 2005-08-27 12:28 | 映画(さ行)