映画の心理プロファイル

『勝手にしやがれ』(1959 仏)

a0037414_103665.jpg
原題:『A BOUT DE SOUFFLE』(95分)
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール
原作:フランソワ・トリュフォー
音楽:マルシャン・ソラル
出演:ジャン・ポール・ベルモンド
    ジーン・セバーグ
    ダニエル・ブーランジェ
    ジャン・ピエール・メルヴィル

映画ポスターが威力を発揮していた時代のこと。
ビデオデッキなんてものが一般家庭にはまだ普及していなかった頃のことです。壁に貼ったポスターを眺めては「一度観てみたいなぁ」とため息をついていた、そんな映画の1本がコレ。
a0037414_13171515.jpg
監督がヌーヴェルヴァーグの旗手ゴダールであることなんてどうでもよく、観たかったのはいつもふてくされたような顔をしてるベルモンドがどんな生き様を見せるのか。そしてそれより何より見たかったのは髪をヴェリーショートできめたジーン・セバーグでした♪
a0037414_13182276.jpg
ジーン・セバーグ演じるパトリシアはパリ留学中のアメリカ人。新聞社でアルバイトをしているらしい彼女は、シャンゼリゼ大通りで「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」と叫びながら新聞を売り歩いています。
そこへふらりとやってきたのがベルモンド扮するミシェル。ミシェルは自動車窃盗の常習犯。なりゆきで追ってきた白バイ警官を射殺し、パリに逃げ戻ってきた模様。でも、そんなことはお首にも出さず、ミシェルはパトリシアとの関係を復活させようと口から出まかせのウソを並べ立て続けます。それをさらりとかわすパトリシア。

とにかくこの映画の登場人物たちは、ふらりと出会ってはさらりさらさらと別れていきます。そして、それにぴったりな唐突で断片的な映像処理。映画が独特のクールなムードを醸し出しているのはそのあたりが原因かな。

パトリシアが滞在しているのは、カルチェラタンの古いアパルトマン(ホテル?)。帰ってくると、フロントに鍵がない。で、部屋のドアを開けてみると、ミシェルが裸で毛布にくるまっている。それを見て驚きもしないパトリシア。
このあと、ミシェルの執拗な「寝よう」攻撃をパトリシアはするりするりとかわしながら、タバコを吸ったり、レコードをかけたり、ルノアールの絵を壁に貼ったり・・・。やりたがってるミシェルも決して無理強いはしない。このあたりがベッドで裸になったら即やることをやっちゃうアメリカ映画との違いかな。だけど、結局やることはやっちやうんですけどね(^^;。次のシーンでは、パトリシアはちゃっかりミシェルのYシャツをパジャマ代わりにしてシーツの中から這い出してきますし(右上の写真)。

パトリシアがなかなかミシェルを受け入れなかったのは、本当に愛しているのか、愛されているのか自信が持てなかったから。その迷いは最後まで解決できず、パトリシアはミシェルの正体を知ってしまったこともあって警察に彼の居場所を知らせてしまいます。密告したことをミシェルに告げれば、彼は警察を恐れて自分の前から姿を消してくれるだろう。そうすればもう悩まなくてもすむ・・・、そう考えての行動でした。
ところが・・・。

《印象に残った台詞》
ミシェル「1秒だけ待っててくれ」(と、走り去る)
パトリシア「フランス人は5分を1秒っていうのね

ミシェル(パトリシアの首に手を当てて)
     「8秒待って笑わなきゃ、絞め殺す

  ※1秒とか8秒とか、半端な数字は相手の記憶に残りやすい。
      これ、ピーク・テクニックといって結構効果があるんですよね。

a0037414_2122515.jpg

a0037414_9342129.jpg

a0037414_9555063.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2006-04-18 21:03 | 映画(か行)