映画の心理プロファイル

最近、気になること

“最近、気になること”
それはTVのバラエティ番組の出演者たちのある仕草、というか“リアクション”。

見たことありませんか?
誰かが面白いことを言うと、周りにいる連中が手をパンパン盛んに叩きながら大笑いするシーン。
あれを見ると、なぜかゲンナリしちゃうのはボクだけ・・・かなぁ^^;。

「そのギャグ(話)、ウケましたよ~」ってのを、笑うだけでなく体を使って表現してるわけですが、太鼓持ちじゃあるまいし、オーバー過ぎやしないかなぁと見るたびに思っちゃう。
そんなふうに思うボクって了見が狭いのかしらん。
いや、お笑いの連中ならオーバーに手を叩くのもリアクションの一つだし、場を盛り上げるのは仕事の一つだから全然気にならないんだけど、最近はみんながやるせいかタレントやアイドルなんかもやっちゃってる。あれはちょっと間違えると下品に見えるんだけどなぁ。

いつからあんな風に手を叩いて笑うようになったんだろうと首を傾げていたら、こないだTVで久しぶりに松本明子を見て「あっ、この子だ!この子がまずやってたな」、と(すごい決めつけですが^^;)。

松本明子ってタレントさん、いつ頃デビューしたのか忘れましたが、アイドル出身としては滅法腰の低い人。しかも、若い頃からな~んかオヤジっぽい。そのせいか、出演者のギャクのウケ方もミョーにオヤジっぽくて、顔が壊れるほど笑いながら柏手を打つようなポーズで手をパンパン叩く。その姿を見るにつけ、「この人は品はないけど、太鼓持ちの才はあるなぁ」と思ったもんです。
そんな松本明子的“ウケ”がいつの間にかバラエティ界の定番の“ウケ”になってしまうとは・・・。
太鼓持ちという職業は絶滅危惧種になってしまいましたが、太鼓持ち的気質は芸能界にまだ根強く脈打ってるってことでしょうか。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-05-28 00:29 | 閑話休題