映画の心理プロファイル

ゴォォォォォル!

今回のWカップの中継を見ていて、日本のサッカー中継も少しは成熟したかなと思ったことがあります。

それは、ゴールシーン

ちょっと前までは、判で押したように「ゴォォォォォォォル!」と狼の遠吠えみたいな絶叫が中継ブースからこだましていたものです。あれは中南米の実況中継のマネだったんでしょうけど、な~んかとってつけたみたいで、聞くたびにヘナヘナって気分になったもの。
特に、正統派アナの「ゴォォォォォル!」はいけません。声が裏返りそうだし、迫力ないし(^^;。
あれはやっぱりラテンの血の入った野太い声で叫んでくれなきゃ。

それが今回の中継じゃ聞かなくなった。中継アナはそれぞれ自分なりの表現でゴールの興奮と感動を伝えてる。ってのはホメ過ぎかな。とりあえず自然体になった。
やっぱりこうじゃなくっちゃ。
何でもマネすりゃいいってもんじゃないですものね。

あ、アナウンサーで思い出しましたが、『アリコ』のCMで保険商品を紹介するアナウンサーや喋りのプロの半数が「手術」を「しゅづつ」と発音するんだけど、あれも耳障りなんだけどなぁ。
「しゅじゅつ」って発音しづらいのはわかるけど、プロなんだからちゃんと発音して欲しいなぁ。

ひょっとして今は「しゅづつ」でもOKなのかな。不安になったので「しゅづつ」で漢字変換してみたら「種筒」でした(^^;。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-06-21 09:43 | 閑話休題