「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

アジアユースサッカー 日本vs韓国

いやぁ、夜中にもかかわらず思わず快哉を叫んでしまいました。
準決勝の相手・韓国は、アジアユースでは5連敗中の相手だったそうです。
雨でぬかるむピッチ上での激しい試合に一喜一憂の120分でした。

前半、韓国が1点先取。
しかし、後半すぐに日本が1点返して同点に。
ところが、日本のセンターバックの選手がレッドカードで一発退場。
その後は攻められっぱなしでなんとか後半終了。延長戦へ。

延長前半も韓国優勢で始まりましたが、一瞬のスキを突いてなんと
青木がサウジアラビア戦に続くゴールで日本が2対1とリード。

ところがところが、延長後半、疑惑の判定で日本側のペナルティエリアの
そばで反則を取られ、フリーキックを直接決められて同点に。
その後、なんとかゴールを死守して、ついにPK戦へ。

疲労困憊の両チーム、PKを外す、外す(^^;
けど最後は日本のキーパーが韓国選手のボールをはじき出して
日本の勝利♪
このキーパー、身長は190センチぐらいあるし、手足も長いし、
守備力・瞬発力もある。
近い将来、日本代表のゴールも守ってくれそうな選手です。

チームの総合力は韓国のほうがちょっと上だったかな。
でも、勝ちは勝ち。決勝の相手は北朝鮮だそうな。
TVで生中継してくれるのかな。
NHK-BSで観ましたが、BSは決勝も録画だそうな(>_<)。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-10 03:23 | 閑話休題