映画の心理プロファイル

周辺視野拡大トレーニング

ブログの行き来をさせていただいている方ってそんなに多くはないんですが、その内の2人の方が今年に入って立て続けに転倒してケガを負ってしまわれました(´ `;。
さぞ痛かったことでしょうね。お察しします。

思えば、自転車同士でぶつかって指を脱臼したのはもう2年近く前のこと。
ケガする時って突発的でしょ。当然、心の準備なんてできてないから、軽いパニック状態になって右往左往しちゃう(ボクの場合、病院へ行くのにタクシーに乗ったのはいいけど、財布を持ってなかったもんだから往生しました^^;)。
a0037414_1825746.gif
周辺視野ってご存じでしょうか。
人間の目には、解像度が高く、ものがくっきりと見える中心視野と、その周りのなんとなくぼやっと見える周辺視野があるんだそうで。
左の図は、年代別の周辺視野を比較したものですが、18~30歳ころがピークで、65歳以上の高齢者になると極端に視野が狭くなっていることがわかります。
この周辺視野が衰えると、だとえば段差に気づかずにつまずいたり、角から出てきた人とぶつかったりしてしまうんだそうな。
ボクが横合いから出てきた自転車をよけられずにぶつかったのも、周辺視野が衰えてて、一瞬発見が遅れたのが原因だったのかも。ヤバイっす(^^;。

で、周辺視野の能力を維持する方法はないものかと調べてみたら、
ありました、ありました。
周辺視野拡大トレーニング
っていうヤツなんですが、あなたも試しにやってみませんか?
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-22 18:41 | 閑話休題