映画の心理プロファイル

beyond words  言葉を越えて・・・


a0037414_1916476.jpg
本日のBGM。
ボビー・マクファーリンの『beyond words

収められている16曲、すべてがボビーの即興のようなスキャット。詩は一切ありません。
そのハスキーヴォイスのスキャットが耳に心地いい。

英語の歌詞がわかんないというコンプレックスに苛まれることもない。
仕事中のBGMにもうってつけデス(^^。

おまけに、チック・コリアのピアノがまたイイときてる♪
思わず耳をそばだてちゃう(じゃ仕事になんないじゃん^ム^;)。

それにしても、よく16曲も並べられたもんだと感心。
ある意味、詩があったほうが楽。
だって16曲も、それぞれの曲に合ったスキャットを口ずさむなんて絶対ムリ。みんな似たような感じになっちゃいそうだもの(^~^;。
なぁ~んて心配はボビーに関してはする必要もないか。
なにしろ、「Don't Worry, Be Happy」の人だから(^ ^。


a0037414_1134043.jpg



試聴はここでできますヨ。






a0037414_19595691.jpg

ちなみに、「Don't Worry,Be Happy」はトム・クルーズ主演の映画『カクテル』(1988)の挿入歌だったんですね。


そうそう、即興のスキャットで思い出した昔のCMがあります。
サントリー・ホワイトだったかな、サミー・デイビス・ジュニア
「チンチンチコンチコンチコン♪」って口ずさむように歌ってた。
あれはサミーの即興だったんだって、当時話題になったもんです。
懐かしいな♪

あちらの人には、スキャットのボキャブラリーが
DNAに元々備わってるんじゃないかしらん(半分嫉妬)。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-03-03 00:47 | 閑話休題