映画の心理プロファイル

神楽坂

この時期、テレビドラマは次々に最終回を迎えますね。
昨夜やっていたのは、うちの近所の神楽坂を舞台にした『拝啓、父上様』。
倉本聰さん脚本のドラマって自分が若かった頃は別にして、セリフ回しが何か気恥ずかしくてあまり観る気がしないので、コレも今まで観たことがありませんでした。
なのに昨日観てしまったのは、つい先日神楽坂で火事があったことも関係してるかな。
a0037414_104514.jpg
写真は、火元となったおにぎり屋さんの残骸。そばに行きつけのスポーツクラブがあるので、昨日現場をのぞきに行ってきました。
そういえば、火事があった日もひと仕事終えてスポーツクラブへ行く途中にこの火事に出くわしたんだっけ。


a0037414_12213468.jpg
昼過ぎから出火。空気が乾燥していたこともあって、5棟を焼く大火事になっちゃった。怪我人だけですんだのは不幸中の幸いでしたが、気がかりだったのは火元が何度か行ったことのある料理屋のある横町の店だったこと。


a0037414_12223382.jpg
案の定、その料理屋ももらい火で半焼しておりました。古い仕舞た屋を改造した雰囲気のあるお店だったのにな。残念(休業を知らせる貼り紙が痛々しい)。
この辺りの路地裏は石畳の道で、粋な黒塀の店が連なっており町の雰囲気もいいので、『拝啓~』のロケにもきっと使われていたはず。
それだけに、焼けたところをまとめて平地にして再開発で高層ビル化・・・なんてことにならなきゃいいんだけどな。

a0037414_1317884.jpg
そうそう、この火事の現場のすぐそばには、馴染みの名画座があります。
それが軽子坂下にあるギンレイホール
火事は狭い路地で起きたので、坂下にあるギンレイホールの前にまで消防車が停まっておりました。


a0037414_14155231.jpg
2本立てで料金は1500円。
名画座経営は苦労も多いだろうけど、もう少し料金を下げてくれたらなぁ。
最近、2本観る時間がとれなくて、なかなか行けないでいますが、いい組み合わせだったら時間をやりくりしてでも行くのになぁ。
それか、1本だけ700円で見せてもらえないもんだろ~か。
それくらいのフレキシビリティがあってもいいだろうに。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-03-23 14:20 | 閑話休題