「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

猛火、ハリウッドサインに迫る!

映画の都ハリウットのシンボルといえば、ハリウッドサイン
a0037414_12203981.jpg

このサインで思い出す映画といえば、うーんと、そうそうスピルバーグ監督作のコメディ映画『1941』(1979)かな。
潜水艦でアメリカ西海岸にたどり着いた日本兵たちが、潜望鏡でこの看板を見て「やったぁ、アメリカだぁ」って喜ぶシーンが確かあったと思います。

この看板が出てくる作品は、たぶんコメディが圧倒的に多いと思うな。
大阪・道頓堀のグリコの看板ぐらい有名なサインやから、シリアスな映画には不向きなんちゃうやろかと(と、なぜか関西弁)。

それは置いといて、Mt.Leeって山の中腹にあるこの世界的に有名な看板、いまその山の裏手から出火して火の手がどんどん看板に迫ってきているんですと!
さっき、ニュースでやっておりました。
消化活動がはかどって鎮火すればいいんだけど。
さぁて、ハリウッド・サインの運命やいかに(?_?;)。

たまたま見つけたエキサイト・ニュース(2007.3.1号)に、ハリウッドサインを裏から見た写真と一緒に、こんな記事が載っておりました。
a0037414_14254577.jpg
ちなみにハリウッドサインは、1923年に不動産会社の広告として設置されたのがはじまり。
当時の看板は「HOLLYWOOD」ではなく「HOLLYWOODLAND」だったが、のちの修復の際に「LAND」の文字が撤去されたのだそう。

ハリウッドサインでは、過去に女優ペグ・エントウィッスルさんが看板から飛び降りて自殺を図るといった悲しい事件もあったが、現在ではフェンスを乗り越えること自体が違法となっている
。”
[PR]
by kiyotayoki | 2007-03-31 12:55 | 閑話休題