「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

めだかの子、発見♪

a0037414_14464490.jpg
我が家で、一緒に暮らしている生き物というと、猫のミミを除けば写真のメダカ3匹だけ(矢印はそのうちの1匹)。
去年の夏前に、神楽坂の瀬戸物屋さん(!)で買ってきた10匹のうちの3匹だけど、冬を越した強者だけに、今も元気に泳ぎ回ってる。

この子たちを飼い始めたのは、猫たちの水飲み場にわく蚊の幼虫(ボウフラ)を食べてもらうため。
3匹じゃ心許ないし、あと10匹ぐらい買ってこようかな。だけど急に新参者が入ってきたら元からいる3匹とケンカしないかしらん・・・などど思案しつつメダカ用のエサをパラパラと水面に落としていたら・・・、

ムムムッ
なにやら細くて小さくて半透明なヤツがチョロチョロと泳いでる!
ボウフラ・・・じゃない。
小さなメダカを10分の1、いやもっと小さくしたようなヤツ。
うちのデジカメじゃ、写せないくらい小さい。

メダカの子だぁ!
いつの間に産んだんだろ。
っていうか、3匹のうちのどれか(複数?)がメスだったってこと?

数が減ったら買い足す・・・って、ある意味都会的で、貧困な発想しか持ち合わせていたかったので、いやあ、メダカ級、いや鮪級の感動を味わわせてもらいました。

だけど、不思議なのは、どんなに探しても1匹しか姿が見えないこと。
ふ化した最初の1匹?
それとも、他のは食べられちゃった?
気になるぅ(^~^;。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-02 15:23 | 閑話休題