「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007 米)

a0037414_10363523.jpg

原題:『PIRATES OF THE CARIBBEAN:AT WORLD'S END 』(170')
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:テッド・エリオット テリー・ロッシオ
音楽:ハンス・ジマー
出演:ジョニー・デップ  オーランド・ブルーム  キーラ・ナイトレイ
    ジェフリー・ラッシュ  ビル・ナイ  チョウ・ユンファ

シリーズ3作目、公開翌日に観たのに書きそびれておりました。

正直なところ、最初のうちはストーリーについていくのがやっとでした(^^;。
「2」を観たのってそんなに前じゃないのに、東インド会社のベケット卿がどうやってデイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたのかを筆頭に、記憶がすっかり曖昧になっていて、お話をつなぎ合わせるのに苦労したもので(トホホ)。その間にも、ストーリーはどんどん展開していくし、人間関係では裏切りが横行するし・・・。
こんなことなら、WOWOWで「2」を復習してから観に行くんだった(^~^;。

何はともあれ、今回、以前にも増して強大になったのはベケット卿率いる東インド会社。
会社っていっても、今の会社組織を想像しちゃいけません。当時の東インド会社は貿易をするだけの組織じゃなくて、軍事力を背景に行政権や徴税権まで持っていたってんだから。
それがデイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたおかげで、彼と最強のフライング・ダッチマン号を操れることになっちゃった。もう鬼に金棒状態。
a0037414_958338.jpg
七つの海を我がもの顔に闊歩していた海賊たちは窮地に立たされます。
海賊船は次々にフライング・ダッチマン号の餌食になっていく。
いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ一大決戦を挑むのみ。でも、鍵を握る9人目の人物こそ、ジャック・スパロウ、その人。こうなったらジャックを黄泉の国から呼び戻さねば・・・。

・・・と、そんなわけで、「2」でブラックパール号とともに海の底深く沈んでいったジャック・スパロウが復活することになるんだけど、今回の作品のひとつの目玉はロケーションかな。ジャックを探すために、ウィルやエリザベスは南の海から氷山の浮かぶ北の海まで旅をする。そして、やっと見つけたジャックとブラックパール号がいたのは砂漠のど真ん中。
とにかく、ロケーションが素晴らしい。そういうところに惜しげもなくお金を使ってあるから、やっぱり映画館で観て損はなかったな。

もちろん、映画への注文や文句も沢山あったけど、観てからちょっと時間がたったこともあり、あんまり気にならなくなってしまいました(^^;。
ま、こういうシリーズものは、あまり目くじら立てずに、なじみの登場人物たちと、一緒に船に乗ってるような気になって楽しむのが一番かな。シリーズならではの楽しみもいっぱいありますしね♪

さて、ここでクイズです。
a0037414_9594219.jpg

撮影の合間のひとコマです。
デップと肩を組んで写ってるこの人、さて誰でしょう?

   






デップのスタントマンを務めた方みたいです(^~^。
お名前は、わかりません(^^;。
顔は似ているとはお世辞にも言えないけど、どうせ写らない部分だしね。
写ったとしても遠景だから、顔より身長や体格が似ていることのほうが重要なんでしょうね、きっと。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-06-10 10:05 | 映画(は行)