「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

自由が丘ランチ

8月の一番暑かった頃、
昼間やっていたクレージーキャッツ主演の古い映画に、
背景として東横線の渋谷駅ホームが出てきた。

全体の雰囲気は今とあまり変わらないのだけれど、
広告や看板等がないせいか、とにかく殺風景。

一番の違いは停車していた車両。
そのレトロなこと!
丸っこくて、緑のペンキが厚塗りされた感じのボディがなんとも可愛い。
a0037414_9235098.jpg
画像を探したら、あったあった、これこれ♪
なんだか、オモチャの電車みたいでしょ。

なんでも昭和45年まではこの車両が東京・横浜間を行ったり来たりしていたらしい。

自分の知らない過去の東京に出会えるというのも、こういう古い映画を観る楽しみのひとつかも♪

だいぶ前の記憶だけど、三軒茶屋始発の世田谷線がこんな感じの車両だったような・・・。

なぁんてことを思い出しながら、水曜日、その東横線で自由が丘へ行って来た。
目的は、小・中学校時代(熊本)の同級生とのランチ。
2年ぐらい前まで同窓会のたぐいには出たことがなかったので知らなかったけど、今でも2、30人は東京近辺に住んでいるらしい。この日会ったのは、そのうちの2人。

ランチを自由が丘にしたのは、ayaちゃんの地元だから。
いい年して“ちゃん”付けで呼べるのは、幼なじみの特権です(^^;。

ayaちゃんは3人の子持ち。もう一人のyokoちゃんは2人の子持ち。
聞いてみると、他の同級生の家にもだいたい2、3人は子供がいる。
素晴らしいでしょ。同窓会の中だけみれば、少子化なんか問題にならない♪

だけど、子供がいると、心が満たされる分、悩みや苦労も多いようで・・・。
悩みのひとつは、やっぱり子供の恋愛問題。
世代的に、子供がみんな最終学歴を終えだす頃だから、結婚も視野に入ってくる。
恋愛はご勝手にって感じでも、結婚となると相手の家族とも関わりができるから親としても静観しているわけにもいかない。
そういう話はこっちとしては新鮮なので、へぇ、ほう、なるほどねぇって、昼間っからビールやワインを飲みつつ興味深く聞かせてもらいました。

そうそう、この日のランチはayaちゃんセレクトでエスニック三昧。
a0037414_111174.jpg
1軒目は、バンコクキッチン
白を基調にした清潔感のあるタイ料理のお店。
水曜日はレディースデーってことで食事代が20%OFF。
こういう特典もあるから自由が丘って女性に人気があるのかな。
ビリリと辛い料理が多いから、ビールが進んじゃう♪

a0037414_11142115.jpg
2軒目は、ちょいと自由が丘の裏通りを散策した後で、モンスーンカフェへ。
ここは店内の一部が階段状になっていて、そこにある個室に入ると、かなり長居できそう。
そこで、タイ風春巻きとかアサリを辛く似た料理とかを肴にアルコールをとり、また歓談。


昼前から3時半過ぎまで、
スペイン人並みの、ゆったり、たっぷりのランチタイムでございました。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-08-31 18:46 | 閑話休題