「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

先週のハプニング

a0037414_16024100.jpg
先週、救急車のお世話になってしまいました(^モ^;。

自宅の階段を踏み外してズダダダと落下した拍子に、右足の第二指の関節が外れてグニャっと曲がってしまったのです。

脱臼というやつですね。

やらかしたのは夜9時過ぎ。
なにせ患部が足なもので、歩いて病院へ行くわけにもいかず、119番へ電話。

電話に出たオペレーターの声は超クール。
思わず、これはいたずら電話じゃありませんし、タクシー代わりに使おうと思ってるわけじゃありませんからって言い訳しそうになってしまいました(^^;

さすが救急車で、来てくれるまでの時間は約5分。
救急車って、運転手も含めると隊員が4人も乗ってるんだね。
必要だから乗ってるんだろうけど、こりゃ人件費も大変だ。
見ると、そのうちの1人は見習いのカードを胸に付けた若い茶髪の女の子じゃありませんか。
途端に、ならなくてもいいのに自意識過剰になっちゃった。
だって、履いてたジャージのズボンは虫食いの穴が空いてたし、
フリースの上着は猫毛だらけだったもので(^へ^ゞ。

連れてってもらったのは、うちから車で5、6分ほどの所にある東京逓信病院。
車内は密室。なので車に揺られてる間は誘拐された被害者にでもなった気分で、
あ、スピードをゆるめたから大久保通りを渡ったな
今度は左にカーブしたから、外堀り通りに出たんだな・・・
ってな感じでルートを想像してた。

到着したらストレッチャーに乗っけられたまま病院内の救急治療室へ。
TVドラマ『ER』などでよく見かける光景だけど、初ストレッチャー体験だったので、ちょいと興奮しました(そのせいか血圧を測ってもらったら、上が135ぐらいあったなぁ^^;)。

すぐ治療してもらえるかと思ったら、甘い甘い。
僕のあとに別の救急患者が担ぎ込まれてきて、そっちのほうが重傷(重病)だったらしく、こちらは後回し。

外れた関節を力ずくで元に戻してもらって(イテテテッ)、
治療費は9980円也。
足も痛いけど、出費も痛いハプニングでありました。
しかも、翌日から3泊4日で九州熊本へ行くことになってたし(^^;
[PR]
by kiyotayoki | 2007-11-12 11:55 | 閑話休題