映画の心理プロファイル

ロイ・シャイダーさん死去

a0037414_64014.jpg

ロイ・シャイダーが亡くなったと今、ニュースで報じていた。

シャイダーといえば、スティーブン・スピルバーグの初期の代表作『JAWS/ジョーズ』でマーティン・ブロディ署長を演じたことで一躍その名を知られるようになった俳優だけど、もう何年も前から骨髄腫を患い、治療をしていたんだそう・・・。
でもまだ75歳。好きな俳優さんのひとりだったし、まだまだスクリーンでその姿を見たかったのにな。



a0037414_6562120.jpg

そうそう、シャイダーという役者さんを初めて知ったのは、『フレンチ・コネクション』でした。
ジーン・ハックマン演じる刑事ジミー・ドイルの相棒バディ・ルッソ役。
観たばかりの映画『アメリカン・ギャングスター』に、“フレンチ・コネクション”のことがちょっとだけ触れられていて、そういえば同じ時代のニューヨークの麻薬汚染を描いた映画だったんだなぁと思い出していたところだったのに・・・。

ご冥福を(ー_ー) 。

a0037414_10145616.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-02-12 07:03 | 閑話休題