「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『細雪』(1983 日)

a0037414_13155180.jpg
監督:市川 崑
原作:谷崎潤一郎

脚本:日高真也
    市川  崑
音楽:大川新之助
    渡辺俊幸
a0037414_1237988.jpg
出演:岸 恵子
    佐久間良子
    吉永小百合
    古手川祐子
    伊丹十三
    石坂浩二
    岸部一徳

市川崑監督の追悼番組で放映された作品。
谷崎作品で映画化されたものは、『白日夢』とか『卍』とかエロチックなものは結構観てる(^^;)のに、これは未見でした。

出演者が出演者だけにエロティシズムとは無縁かと思ったけれど、上品なエロティシズムというか耽美なフェティシズムがそこかしこに散見できる作品となっていた。
大阪の、蒔岡という旧家の4姉妹のそれぞれの一年間の物語が、三女の縁談話を中心に、四季折々の風物を織り交ぜて綴られていく。

始まりは、昭和13年の春。
京都の高級料亭での優雅な花見のシーンから始まるけれど、話題の中心は下世話にも金の無心。裕福な旧家に生まれた四姉妹だけれど、台所事情は案外つましいことが印象的に綴られる。

面白いのは、やはり四人姉妹の関係性かな。
a0037414_14123347.jpg
長女らしく勝ち気な鶴子(岸恵子)は、傾いた蒔岡本家を立て直すために銀行員を婿にとり、やんわりとだけれど蒔岡家をコントロールしている。
住まいは、大阪船場の、本家らしく歴史を感じさせる造りの日本家屋。
いかにも堅物そうな夫を演じるのは、伊丹十三。翌年『お葬式』を撮るので、純粋に俳優として出演した最後の作品といえるのかな?
a0037414_14131636.jpg
次女・幸子(佐久間良子)は分家だけれど、夫(石坂浩二)はやはり婿養子。次女らしく調整タイプの性格で、芦屋の邸宅に、三女・四女と共に住んでいる。こちらの家は和洋折衷。長女もそうだけど、家が住む人の内面を映し出している。
a0037414_14135288.jpg
三女・雪子(吉永小百合)は日本人形のような佇まいの女性。自分の殻に閉じこもっていて考えや感情を表に出さない。そのミステリアスさが男心をそそるのか、石坂浩二扮する義兄は微妙な感情を彼女に抱いている。また彼女もそれを拒絶しない。
妻の幸子は、雪子が何度見合いをしても断ってしまうのは、そんな2人の関係が原因なのかと疑い、激しく嫉妬する。
でも、嫉妬の思いは雪子のほうが強いのかもしれない。それは、確かな家庭を築いている姉たちへの嫉妬。そして、自由奔放な末の妹への嫉妬。結婚を決めないのは、奔放な妹への意趣返しだったのかもしれないし・・・。

そんな複雑な心理を吉永小百合が美しく演じているのだけれど、なんだか違和感があった。
それは、他の3人がほぼ同年齢の役を演じているのに、彼女だけが37歳で24歳の役を演じていたせいかもしれない。37には見えないほど美しいのだけれど。
a0037414_1414319.jpg
四女・妙子(古手川祐子)は芯の強さでは長女にも負けない、そして独立心旺盛な、いかにも末っ子らしい娘。

この4人が織りなすドラマ、見応えは確かにありました。

そうそう、「台詞校正:谷崎松子」とあった。
出演者の流暢な関西弁は、谷崎潤一郎の未亡人のサポートの賜物だったんだね♪






三女の雪子のように、鏡で自分をためつすがめつ見つめているような人は、
人の説得を拒絶しがちたのだという。

鏡を見ることで自己意識が高まる。
すると、自分の意にそわぬ人の意見を批判的に受け取るようになり、
結果、耳を貸さなくなる傾向が高まるんだそうな(^~^。
お化粧に目覚めた女子中高生が、
親の言うことを聞かなくなるのはそのせいもある?(^^;)?

そうそう、この映画には懐かしい人が出ておりました。
a0037414_17425921.jpg
上原ゆかりさん
若い方はご存じないでしょうが、CMの子役タレントのハシリみたいな人です。
左の画像は、昭和30年代後半に子ども時代を過ごした人なら誰でも知っている不二家のマーブルチョコレートの広告写真。
この映画に出た頃は、26歳くらいになっていたんだね。
役柄は、分家のお手伝い(女中)さん。
「お春どん」と呼ばれていたけど、名前の下に「どん」をつけるのは関西ならではなのかな。
辞書を引いてみたら、「どん」は「殿(との)」が転じたものなんだね。
だけど、「商家などで奉公人を呼ぶ場合に、その下に添えていう語」とある。
敬意を払いながら見下してるという、ちょっと面白い表現方法です。
[PR]
by kiyotayoki | 2008-02-27 17:50 | 映画(さ行)