「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『田能久』

今朝は寝苦しくて、5時前に目が覚めてしまった。
で、テレビをつけてみたら、
ワッ、まだやってるよ、
全英テニスの、男子シングルス決勝戦。

寝る前(午前1時過ぎ)、テレビを消した時は確か第一セットが終わりかけていたんだけどネ。

結局、試合が終わったのは5時半ごろ。
試合時間は4時間48分で、それまでの最長記録を更新しちゃったんだと。
フルセットの激闘を制したのはスペインのラファエル・ナダル選手(22歳)。
6連覇を狙っていた年長(26歳)のロジャー・フェデラー(スイス)選手、何度マッチポイントを取られてもクールにはね返していたけど、最後は根負けしちゃった感じ。

それにしても、テニスってタフなスポーツだよね。
ちょっとだけ経験があるけど、軽く練習しただけでクタクタになっちゃったもの。
それを4時間48分も!
信じられません(^^;。

a0037414_11175224.jpg
そうそう、
先月、麻布十番を散策していて見つけた『田能久』
というレストランへ週末、行って来た。
築60年ぐらいの古民家を改造した蔦の絡まるシックなレストランで、
店名が若大将シリーズをご存じの方なら馴染みのある『田能久』というのだ。しかも、すき焼きも出す店らしい。

すき焼きの季節になったら一度・・・
と思っていたのだけれど、意外にも早く行く機会に恵まれた。

旅の途中に東京へ立ち寄った母のために、夕食の場所をセッティングしなきゃならなくなったので、ならば気になってたこの店を、と思い立った次第。
店名を伝えたら、お袋も「ああ、若大将の・・・」と、興味を示してくれた(^^。

ただ、当日(土曜日)に予約の電話を入れることになったので、席がとれるかが心配だった。

だけどそれは杞憂に終わった。
あっさり予約できちゃったのだ。

人間の心理って面白い。
あっさり予約できたらできたで、また心配になるんだよね。
週末にすいてる店ってどうなの。大丈夫かしらん・・・って(^^;

a0037414_20514100.jpg
実際、訪れてみると、一階は趣のある土間と調理場で、二階が空間をわりと贅沢に使った客室になっていた。
麻布十番のかなり奥まったところにあるので、外界の騒音はほとんど聞こえてこず、室内の照明もほの暗いので、リラックスしてのんびり食事ができる造りになっていた。

さっそく店名の由来を伺ってみたら、やはり店のご主人は若大将シリーズのファンだったらしい。京都出身の方らしく、出されるものも京都の家庭料理が中心。
今回は、初めてということもあり、アラカルトじゃなく、5000円のコース料理をチョイスしてみることにした。
汲み上げ豆腐、ナスの焼き物、こんにゃくの田楽、煮物といった京野菜を使ったおばんざいが出た後、だし巻き玉子、そしてメインは牛肉の朴葉焼(七輪で自分で焼いて、粗塩と山葵で食べる)。
最後は、鯛茶漬けにお漬物で締めて、デザートにメロンが出た。
ほどほどの量で、どれも美味しくいただいた。

だけど、6時に入って8時過ぎに出るまで、あららっ、客は僕たち4人だけ。
貸し切り状態は、ある意味嬉しかったけど、
これじゃ経営は大変だろうなと、他人事ながらちょっと心配になっちゃった(^~^;。

古民家改造型のレストランは今や珍しくもないし、
麻布十番商店街からはちょいと離れたところにあって、
PRも行き届いてないのかなぁ。う~ん。
[PR]
by kiyotayoki | 2008-07-07 17:38 | 備忘録