「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

幼い頃の記憶


以前、自分史上最古の記憶は何だったっけかなって記事を書いたことがあった。
その時、思い出したのは3歳ぐらいの頃の記憶だった。
面白いことに、コメントを寄せてくださった方の“最古の記憶”も3歳前後が多かった。

なぜ“最古の記憶”は3歳前後が多いんだろ。
なぜ、それより以前の記憶は思い出せないんだろ。

その疑問が、ある本を読んでいて氷解した。

長期間保存される記憶は、脳の中にある海馬という部分に数年間保存された後、
大事な記憶情報のみが大脳皮質に貯蔵されることが知られてる。
a0037414_15175398.jpg
じゃ、なぜ最古の記憶が三歳以降になっちやうのかというと、
長期記憶を担う海馬が
器官として完成し、
機能しはじめる時期が三歳だから

なんだそうな。

なるほどね。
3歳以前はまだ海馬が機能しはじめていないから、記憶が残っていなくて当然ということか。

でも、中には1歳や2歳の頃の記憶がある人もいる。
そういう人の記憶は、後で親に聞いたり、古い写真などから得た伝聞情報なんだろうか。
それとも、中には人より早く海馬が機能しはじめる人がいるのかもしれないね。

ただ、過去に恐怖体験をした記憶がないのに、たとえば暗いところや狭いところが苦手で、そういう場所に足を踏み入れると恐怖感がフラッシュバックするという人がいる。
そういう場合は、三歳以前の乳幼児期か、それより前の胎児期の感覚が、胎内期から三歳までに扁桃体の細胞受容体に伝達され、貯蔵されている可能性があるんだとか。
記憶には、3歳以降の「顕在記憶情報」の他に、もう一つ「潜在記憶情報」があるらしいのです。


奥が深いね、記憶のメカニズムって(^~^ゞ。 
[PR]
by kiyotayoki | 2008-07-12 18:06 | 備忘録