映画の心理プロファイル

ジャマイカ旋風


北京オリンピックも後半に入って、陸上競技が主になってきたけど、
短距離走で旋風を巻き起こしているのがジャマイカの選手たちだ。

中でも、男子100mのウサイン・ボルトは、ラストの10mぐらいは
戯けながら走って10.69秒の世界新記録を作っちゃった。
スゴイ!だけど、ボルト選手って規格外っていうか、196㎝もあるっていうじゃない。
バレーかバスケ並みの身長の選手が短距離走ってよいの?
漫画なら人間じゃなくて、“超人”扱いされそうな選手だもんなぁ。

それはともかく、ジャマイカ人って昔から短距離走は得意だったみたいだね。

a0037414_18113598.jpg
『クール・ランニング(1993)』(Cool Runnings:ジョン・タートルトーブ監督作)って実話を元にしたコメディ映画があった。

冬とも雪とも縁のない国ジャマイカの急造ボブスレーチームが、カルガリー(1988年)で行われた冬季オリンピックで大活躍するというお話だったけど、あの選手たちも元は100m走の選手だったらしいものね。
その脚力があればこそボブスレーでも活躍できたんでしょ。
あの競技もソリに乗り込むまでは全速力で突っ走らなきゃいけないものね。

ジャマイカという国のモットーは
「One Out Of Many」(多くの部族から一つの国民に)
だそうな。
大航海時代以降、色んな血がカクテルされて今のジャマイカ人になったんだね。
運動能力を高めるためには、日本人も血をもっとカクテルする必要があるのかしらん(^^;

なぁんてことを書いてたら、
わっ、ボルトがまたやった!
200m決勝、19秒30の世界新でぶっちぎりの優勝!!

やっぱ規格外の超人だね、この人は(^^ゞ



a0037414_21583619.jpg


そうそう、tonbori堂さんからYouTubeの貼り方を教えてもらったので、
さっそくこの映画の主題歌だったジミー・クリフの「I can see clearly now」を貼り付けてみました♪



I can see clearly now the rain is gone
I can see all obstacles in my way
Gone are the dark clouds that had me blind
It's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day
It's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day

Oh yes, I can make it now the pain is gone
All of the bad feelings have disappeared
Here is the rainbow I've been praying for
It's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day

Ooh - look all around, there's nothing but blue skies
Look straight ahead, there's nothing but blue skies

I can see clearly now the rain is gone
I can see all obstacles in my way
Here's the rainbow I've been praying for
It's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day
It's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day
Real, real, real, real bright (bright) bright (bright) sunshinin' day
Yeah, hey, it's gonna be a bright (bright) bright (bright) sunshinin' day
[PR]
by kiyotayoki | 2008-08-20 23:33 | 閑話休題