映画の心理プロファイル

『冒険者たち』(1967 仏)

a0037414_1029863.jpg
原題:『LES AVENTURIERS』(110分)
監督:ロベール・アンリコ
原作:ジョゼ・ジョバンニ
脚本:ロベール・アンリコ他
音楽:フランソワ・ド・ルーベ
出演:アラン・ドロン
    リノ・ヴァンチュラ
    ジョアンナ・シムカス

深夜にやっていたのを、
ついつい途中から観てしまいました(翌朝、早かったのに^^;)。
なのでこの映画、当ブログとしては4年前以来2度目の登場と相成なりました。

途中からなのに、つい最後まで観てしまったのは、テーマ曲が耳に入っちゃったから。若くして亡くなったフランソワ・ド・ルーベの曲、いいんだな、これが。

挿入曲のひとつ「LAETITIA(レティシア)」を、アラン・ドロンが甘い歌声で唄ってる映像があったので、よかったらお聴きくださいまし。



この映画の魅力はいろいろあるけれど、
a0037414_11424364.jpg
今回、惹きつけられたのは、可憐でちょっとアンニュイな雰囲気のヒロイン、レティシアを演じるジョアンナ・シムカスだったかな。
レティシアって名前の響きも美しいよね。
透明感と強さのある「レ」に、硬質感と艶やかさを感じる「ティ」、それに爽やかで繊細さを感じる「シア」が組み合わさった音感の妙っていうか(^~^。
レティシアは、当時流行ったアバンギャルドな鉄屑アートの新米芸術家。
そんな彼女が出会ったのが、まだ若さの残るマヌーと中年男のローラン。
互いに惹かれ合いながらも、3人は微妙な距離を保ったまま、それぞれの夢のために力を合わせて金銀財宝を積んだまま沈んだ飛行機を求めてアフリカの海へ旅立つのだけれど・・・・。

1943年生まれ(別の資料には45年とあった)だから、ジョアンナさん、この時23歳。
その後、あまり見かけなくなったなぁと思っていたけれど、調べてみて驚いた!





彼女は1975年、30歳で結婚して芸能界から引退したらしいんだけど、
驚いたのは、その結婚相手が・・・・
a0037414_18174187.jpg
あのオスカー俳優のシドニー・ポワチエだったから。

ジョアンナさんが仕事で渡米し知り合ったのがきっかけで
そのままゴールインしちゃったらしい。
これ(←)は、去年のお2人の仲睦まじいお姿デス。

ポワチエさん、御年もう80歳だけど、当時は48歳。
オトナの渋み、そして男の色気だってまだムンムンしていたのかな。
なんとまあ、うらやましいことで(^~^;




a0037414_1824322.jpg


アツい季節の終わりを告げるかのような切ない幕切れ・・・・
秋の気配が漂い始めたこの時期にぴったりの映画だったかも。

a0037414_22264326.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-08-27 19:34 | 映画(は行)