映画の心理プロファイル

電気ブラン


a0037414_15564152.jpg
浅草といえば、東京を代表する観光地のひとつだし、
浅草寺などは何度も訪れたことがある。
だけど、かの有名な神谷バーに足を踏み入れたのは今回が初めてだった。
神谷バーといえばデンキブラン。
というわけで、それも今回初めて味わった。

案外広い店内は、男性客が約9割。年齢層もわりと高そうだった。
オヤジの天国って感じの店。

ボーイさんをつかまえて、その場で260円(安っ♪)を払うと、
小ぶりの専用グラスになみなみと注がれた琥珀色の液体がチェイサーと一緒に運ばれてくる。

なめてみたら、ほんのりとした甘味がある。
飲み口も柔らかで、そんなにアルコール度数が高いとは思わなかった。
けど、帰って調べたら30度あった。
2杯飲んだけど、調子にのって、それ以上クイクイいってたら後悔するところだった。
アブナイ、アブナイ(^^;。


このカクテルが登場して、約百年。
名前の元になっているブランデーの他に、ジン、ワイン、キュラソー、薬草などがブレンドされているとのこと。
お土産用に、ワインボトルくらいのやつが880円で売ってたから、1本買ってくればよかったかもなぁ(^^ゞ。
[PR]
by kiyotayoki | 2008-10-06 19:10 | 備忘録