「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

夢の録画も夢じゃない?


今朝の新聞の一面にも載っていたけれど、
エキサイトニュースにこんな記事があった。

夢、空想が「見える」かも 脳活動情報で画像再現

 人が見ている画像と脳活動の関係をコンピューターに学習させ、脳活動の情報から画像を再現させることに
 成功したと、国際電気通信基礎技術研究所(京都府)の神谷之康・室長らが11日付の米科学誌ニューロンに発表した。
 夢や空想など、頭で思い浮かべている映像も、ものを見るときと同じ脳の「視覚野」が働いているといい、
 神谷室長は「夢や空想の読み出しにつながる日も遠くはない」と話している。

a0037414_8385482.jpg
こちらが再現された画像。
実験では、脳などの血流を見ることができる「機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)」を使用。
この装置でチームのスタッフらが目の前の画像を見た際に、大脳の視覚野の血流がどう変化するかを調べたんだそうな。

約400枚の画像を1枚当たり12秒間見せて血流変化のデータを蓄積、画像の模様と脳活動を関連づけるコンピューターのプログラムに学習させ、その後、アルファベットなど新たな模様の画像を見せて脳の活動を測定し、プログラムで解析すると、ほぼ元の画像を再現できたんだとか。

研究者によると、この分野の研究の進歩は速く、10年後には脳の分析から、
人が何を考えているかある程度分かるようになるかも、とのこと。

映画『マイノリティ・リポート』の世界が、近いうち、現実のものになるのかも?

a0037414_853630.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-12-11 08:53 | 備忘録