「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『バンク・ジョブ』(2008 英)

a0037414_12231383.jpg
原題:『THE BANK JOB』(110分)
監督:ロジャー・ドナルドソン
脚本:ディック・クレメント
    イアン・ラ・フレネ 
音楽:J・ピーター・ロビンソン
出演:ジェイソン・ステイサム
    サフロン・バロウズ
    リチャード・リンターン
    デヴィッド・スーシェ 

今年、最後の“映画館で観る映画”はコレにしました。
劇場は、新宿駅東口のそばにあるお久しぶりの新宿武蔵野館。
3階フロアにミニシアターが3つ。そのうちの84席しかない小さな劇場で鑑賞。

灯りが落とされて予告が始まるかと思いきや、おおおっ!
スクリーンに映し出されたのは、地元飲食店の超ローカルなCMじゃありませんか。
な、懐かしや~。
今どきこんな、16mフィルムでても撮ったような古めかしいコマーシャルを流す映画館がまだ存在していたんだぁ。
劇場の設備が古めかしいこともあって、一瞬、1970年代あたりにタイムスリップしたかと思っちゃったほど(^~^;。
ま、映画のほうも1970年代初頭が舞台なので、その導入としてはピッタリな演出(?)ではあったのだけれど。

というわけで、本題。
本作は実際に起きた事件を元に映像化されたものだそうだ。
勿論かなりの部分、脚色が加えられているだろうけれど、
基本となる英国史上最大規模の被害額を出したという銀行強奪事件は1971年に現実に起こったもの。
銀行の地下貸し金庫にトンネルを掘って忍び込むというあまりにも大胆な手口に人々が驚き、
国中が事件の本格的捜査の成り行きを固唾を飲んで見守った。
ところが、事件は意外な展開をみせる。数日後、事件そのものの報道がぴたりと途絶え、
警察も沈黙、事件はそのまま迷宮入りしちゃったという。
なぜ?
その“なぜ”が次々につまびらかにされていくのだから、面白くならないわけがない?

実際、面白かった。
特に後半、お話がテンポアップしてからは、導入部の眠気がいっぺんに吹っ飛んだ。
実のところ導入部は、忘年会疲れと、登場人物が多くて人間関係が複雑だったことが相まって、睡魔に抗うのに苦労しておったのですが(^~^;。

a0037414_10133676.jpg
実際、登場人物が多いんです、この映画。
まず、銀行強盗を働くステイサム扮する主人公テリーの一味が7人いるでしょ。
で、それを裏から手引きする政府の秘密情報組織MI5だかMI6だかの連中がいる。
それにプラスして、目当ての地下貸金庫に表沙汰にできないものを預けているワケありの連中がわんさかいる。
そのため、テリーたちは思いも寄らぬ“秘密”を手にしてしまい、おかげでいろんな連中から命を狙われるハメになっちゃうんですが・・・・。
a0037414_10235785.jpg
そのワケあり連中の一人で、悪徳警官に渡す袖の下を記録した帳簿を貸金庫に預けている裏社会のボスは、おお、英国製のTVドラマ『名探偵ポワロ』でお馴染みのデヴィッド・スーシェじゃありませんか。

そうそう、映画の中に「似てるけど、まさかあの人じゃないよねぇ」という人が登場していたんだけど、帰って調べてみたら、その「まさか」が当たっていたのでビックリでした。
そのまさかの人の正体は、ミック・ジャガー!!!
ステージ上の彼を見慣れている人だと、「エーッ!この役の、この人がぁ?!」と、唖然としてしまうかもしれません。とにかく、そういう役で出てらっしゃった(^^ゞ。

この映画の特徴のひとつは、1971年という時代背景。
1971年のロンドンが舞台だから、風物やファッションも当時の雰囲気が再現されてる。
銀行の防犯体制も1971年の頃のものだから、つけ入るスキはいっぱい。
だから、素人に毛が生えたようなテリーたちでも仕事ができたのでありましょう。
a0037414_10542445.jpg
そうそう、貸金庫に表沙汰にできないものを預けている連中の筆頭株がこちらの黒人。
マルコムXならぬマイケルXという謎の政治活動家なんだけど、その隣に写ってる2人、誰かに似てると思いませんか(特にメガネの方)。
そう、LOVE&PEACEのあの有名なお二人です。
これ実話が元になっているので、マイケルXとお二人は、何か関わりがあったんでしょうね、きっと(^~^。
そんな風に、ストーリーとは関係ない部分でも、いろいろ楽しめる映画になっておりました。

で、肝心の“なぜ事件は迷宮入りしちゃったか”なんですが、
それはココでは書けませんよね、やっぱり。
是非、ご自分の目で、劇場かDVDでお確かめください♪

この映画のステイサム、アクションは控えめだったけど、相変わらず渋カッコ良かったですしね(^^
a0037414_11154734.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2008-12-30 11:20 | 映画(は行)