「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

最近、気になったこと。

a0037414_100214.jpg
20日に行われた第44代オバマ大統領就任式は、
約200万人の大観衆が見守る中行われたという。

氷点下の中、行われた就任式。招待された松沢神奈川県知事でさえ6時間待たされたというんだから、一般客はどれだけ待たされたことか。
トイレどうしたんだろ。
歴史的な場に居合わせたいという気持ちはわからないでもないけど、ホントにご苦労様なことでした。

左の画像は、Googleに地上の高解像度画像を提供する予定の人工衛星GeoEye-1が、地上423マイル(約681km)の高さから撮影したもの。
議事堂前だけでも相当な人の数だ。

これをもっと引いて見てみると、こんな感じになっちゃう。

a0037414_1453184.jpg

ところどころ薄墨を落として滲んだようになっているところが人の密集してる場所。
最後尾は1㎞ぐらい離れてそうだから、議事堂がやっと見える程度だったんだろうね。

で、気になったのは、オバマの演説をどうやって聴いたか。
きっとブロックごとに拡声器が設置されていて、それで聴いたんだろうけど、
音速って秒速340mぐらいだから、音の伝わり方は案外遅い。
自分のそばの拡声器の音だけが聞こえるんならいいけど、手前や後ろの音が遅れて聞こえてきて聞きづらかったんじゃないだろうか、・・・って見ていて心配になっちゃったのでした。
実際はどうだったんだろ。


もうひとつ、最近気になるのが大河ドラマ。
だけど、気になるのはドラマの内容じゃない。
どこが気になるかというと、まず涙のシーンがやたら多いこと。

a0037414_17522892.jpg
特に、昨年の『篤姫』は、主人公が女性ということもあって、涙、また涙のシーンが繰り返された。
だけど、それに文句を言いたいわけじゃない。
気になるのは、泣くとき、片方の目からしか涙が流れないことなのだ。

いつもみていたわけじゃないけれど、篤姫はだいたい右目からしか涙がこぼれ落ちないようだった。左目は潤みはするけれど、涙があふれてこない。
なぜ?

目にも右利き・左利きというのがあって、涙が出やすい目、出にくい目というのがあるんだろうか。

それとも、右脳・左脳理論がここでも通用するのかしらん。
右脳は芸術・感情面をつかさどり、左脳は理知・計算面をつかさどるといわれてる。
そして右脳は左半身を、左脳は右半身とつながってる。
ということは、泣きたいほど感情的になっているときは右脳が活性化していることになるから、
左目のほうが涙が出やすいと考えられる。
なのに、篤姫の流す涙は右目からばかりだ。
ということは、理性をつかさどる左脳が活性化してるってこと?
ってことは、彼女の涙は、計算づくの涙だったってことなのか・・・?
ま、女優だから、当然なのかもしれないけれどね。

うーん、真相はいかに・・・。
気になります。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-01-24 18:14 | 閑話休題