映画の心理プロファイル

20年ぶりの新宿ゴールデン街

a0037414_1248679.jpg
昨夜、約20年ぶりに新宿ゴールデン街を探訪した。

いつも珍しい果物を届けてくれる若い友人が
「ゴールデン街って一度も行ったことがないんですよ」
というので、ちょっと先輩ヅラをして案内を買って出たのでした(^^ゞ。

だけど、こっちも約20年ぶりのこと。
最後に足を運んだのは、確か30前後の頃。
何かで知り合った大衆演劇の座長さんがやってた店に行ったのが最後だと思う。

昭和チックな路地の雰囲気は、20年前とあまり変わっていなかった。
一度だけ行ったことのある「深夜+1」も、灯りは点いてなかったけどちゃんとあった。
だけど、なにせ時が経ち過ぎてる。さて、どの店に入ったもんだか(^^;。

そこで、どうせなら一番選びそうにない店にしようと決めた。
そこは、アニメおたくのマスターがやっているバーだった(^皿^ゞ。
(店名は忘れちゃった)
店内の壁はアニメ関係の有名人の色紙で埋まっておりまして、
モニターの大画面からはガンダムの主題歌が流れてる。
メニューを見たら、日本アニメの登場人物の名前のカクテルがズラリ。
マスター(そのお姿を拝見していたら、お騒がせタレントの泰葉さんの迷ゼリフ「金髪〇〇野郎」を思い出してしまった^^;)によると、カクテルはすべて甘いとのことだったので、赤のグラスワインを選択。

ここは3年前にオープンしたという新しめの店だった。
マスターによると、ゴールデン街は人気があって、常時100人ぐらい、出店希望者が店が空くのを待っているんだとか。

ゴールデン街はハシゴをするのが常だったので、
2軒目は、このマスターに「ゴールデン街初心者でも気楽に入れる店はない?」
と尋ねて紹介してもらったお店、『シネストークYOYO』へ。

こちらは確かに初心者でも安心して楽しくお酒が飲めるお店でありました。
10人ぐらい座れるカウンターの中には明日(ということは今日)26歳になるという女性バーテンダーがひとり。
聞いて驚いたんだけど、この女性、昼間は浅草で人力車の車夫をやっているんだそうな!
こういう面白い出会いがあるからゴールデン街は楽しいんだな。

面白い出会いといえば、ちょうど同じタイミングで僕らと一緒にお店に入ったお客が女装趣味の方(この店の常連客、推定年齢45歳)で、話が盛り上がり、おかげで楽しいひとときを過ごすことができた。


普段は知り合えないようなこんな方たちとまるで十年来の知己のようにおしゃべりができる、
それがゴールデン街が何十年たっても廃れずにある秘密かもしれません。




a0037414_1663821.jpg

今回も友人から、珍しい果物をいただいた♪

これ、インドリンゴ
というんだそうです。

かなり大ぶりなリンゴで、重量感もあります。
インドリンゴといっても、原産国はインドではなく、米国。

じゃ、なぜインドリンゴというのかというと、
原産地がインディアナ州だからなんだね。

コロンブスさんが間違えなければ、このリンゴも違う名前になっていたんだろうな。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-03-28 16:20 | 閑話休題