「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

『バーン・アフター・リーディング』(2008 米)

a0037414_21543873.jpg
原題:『BURN AFTER READING』(96分)
監督・脚本:イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
音楽:カーター・バーウェル
出演:ジョージ・クルーニー
    フランシス・マクドーマンド
    ジョン・マルコヴィッチ
    ティルダ・スウィントン
    and 
    ブラッド・ピット

久しぶりにコーエン兄弟らしい映画を観たな♪
・・・というのがエンドロールを見ながらの感想でした。

タイトルは直訳すると「読んだあとは焼却せよ」ってなことになるんでしょうか。
CIAに関する極秘情報らしきデータが収められたCDをめぐっての珍妙なお話。
いきなりクアンティコにあるCIA本部が出てくるし、国際的陰謀が絡むシリアスな事件に発展するのかと思いきや、これがなんともはや、下手をすると腰砕けになりそうなドタバタのブラックコメディなのです。
まあ、ポスターの歪(いびつ)な手書き風ロゴを見れば一目瞭然かな(^~^。
愛欲と物欲がもたらす悲喜劇とでもいえばいいのか。
とにかくそんなお話を揃いも揃った大スターたちが嬉々として演じてる。
a0037414_10172967.jpg
特に、ブラッド・ピットは45歳にもなってここまでやるか的なお茶目さんキャラを本当に楽しそうに、またルックスからして年齢を忘れて演じてる(こちらは『ベンジャミン・バトン』と違ってCGで若くしてるわけではないようです^^)。

そんなブラピが、なぜか配役では「and」扱い。
その理由を知りたい方は、ぜひ映画をご覧ください(^^ゞ


その他のキャスト、ジョージ・クルーニーも、コーエン兄弟映画お約束女優フランシス・マクドーマンドも、ジョン・マルコヴィッチも、そしてティルダ・スウィントンも、いかにも“らしい”役柄で登場。
コーエン’s movieのファンなら、大いに楽しめる一編です。
だけど、前作の『ノーカントリー』しか観ていない人だとどうかしらん(^^ゞ
a0037414_17112740.jpg


そうそう、気になった俳優がひとり。
a0037414_17342717.jpg
フランシス・マクドーマンド扮するリンダに秘めた想いを寄せている上司(けれど最後まで報われない)を演じた俳優さん。
リチャード・ジェンキンスという、たまに見かける俳優さんです。

最近どこかでお見かけしたなぁと思っていたら、そうそう、今年のアカデミー賞で主演男優賞にノミネートされていらっしゃったんだね(『扉をたたく人』)。
しみじみと哀愁漂う役柄なだけに、オスカーノミネート俳優がこんな役で、しかもこんな展開に・・・・って、ますますしみじみとしてしまったのでした。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-04-27 17:36 | 映画(は行)