「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

6月1日はマリリン・モンローの誕生日だそうです♪

a0037414_11563656.jpg

                                       ↑Les trésors de Marilyn Monroe

土曜日、目黒の某所で開催された日本マリリン・モンロー・クラブ(略称JMMC)主催の、
マリリン・モンローの誕生日を祝す会に飛び入り参加してまいりました。
(誘ってくださったボーさん、感謝です♪)

マリリン・モンローがもし生きていたら、今年の6月1日で83歳になるんだそうです。

会場となったのは、マリリン・モンロー記念館とでも呼びたくなるようなお店。
壁という壁がマリリンのポスターや写真、グッズなどで埋め尽くされている、マリリンファンには夢のようなお店でありました。
お店のご主人も、集まった皆さん同様、マリリン・モンローの大ファンなんですね。

皆さん、マリリンのことを語りだしたら止まらない方々なので、自己紹介だけでアッという間に時間が経ってしまった感じ。
皆さんのマリリンに対する熱い想いがひしひしと伝わってくるひとときでありました。

a0037414_13281011.jpg

こちらは、お店の奥様がこの日のために作ってくださった手作りのマリリン・バースデーケーキ。ご馳走様でした♪

自分にも何かマリリンに関して披露できるような話がないかと思いを巡らしてみたけれど、
ろくに思いつくものがない。というわけで、自分の自己紹介は1分もかからずに終了(^^;

あ、でも、帰る道すがらに思い出したことがひとつあった。
もう15年以上前になるだろうか、ある仕事で指圧師として有名だった浪越徳治郎さんにお会いする機会があった。
浪越徳治郎さんといえば、「指圧の心は母心、押せば命の泉わく~」というフレーズでお茶の間でも人気だった方。
そんな浪越さんの名を一躍有名にしたのは、54年に新婚旅行で来日したマリリン・モンローの“ご指名”で指圧を施したことだった。
浪越さんにお会いした時も、その思い出話をついこないだのことのように話してくださった。

そういえばその時、僕は浪越さんの親指に触らせてもらったのだ。

ということは僕は・・・・
マリリンに間接的に触ったことになる???(* ̄▼ ̄*;)






名前には、名付け親の心や思いが色濃く反映しているといわれるので、ちょっと調べてみた。

マリリン・モンローの本名は、ノーマ・ジーン・モーテンセンというのだそうだけれど、
「ノーマ」の語源は、ラテン語で「支配」とか「基準」という意味らしい。
彼女は、自分を支配し、まとわりつく何か(因縁)から逃れるために
「ノーマ」を捨て「マリリン」と改名したのかもしれないな。

一方、「マリリン」は、「マリア」から派生した名前。
自分で付けたのかどうかは知らないけれど、両親との絆が薄かった彼女、
母親の象徴でもある聖母マリアにいつも守られていたい、抱かれていたいという願いが名前にこめられていたのかもしれない。

a0037414_15414776.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2009-05-31 13:47 | 備忘録