「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

旅の写真

a0037414_12294557.jpg

旅の楽しみといえば、その国その地方の自慢の料理を堪能できること。
これ(↑)は、ウィーン到着日の夕食のメインディッシュ、茹でたホワイトアスパラとナマズのソテー
あんまり美味しそうだったので、デジカメでパチリとする前にひと口パクリ。そのせいでアスパラの頭が欠けておりますが、ご容赦くださいまし(^^;この時期、アスパラガスは旬の食材。太くてジューシーで美味しゅうございました。ナマズも淡泊だったけど、白ワインにぴったりの味でありましたよ♪
a0037414_10574915.jpg

                  このお店(Marchfelderhof)はアスパラ料理が自慢らしく、
                  店頭にはこんなアスパラガスのオブジェが屹立しておりました。

a0037414_20294729.jpg

                  ウィーンの街は、昔、王宮を取り囲んでいた城壁の跡がリンクと
                  呼ばれる大きな通りになっている。その通りを路面電車が走っている
                  ので、それに乗ってぐるりと一周すれば即席で旧市街観光ができる。
                  上の画像は、観光用に走ってる旧型の車両です。

a0037414_13354794.jpg

                  街のあちこちで目に付いた広告です。マッチ棒で両目をぐぐっと
                  見開いて何かを見て「aha(なるほど)」って感嘆している男。
                  これ、科学技術博物館の広告らしい。先進の科学に見て触れて
                  どんどんアハ体験して脳を柔らかくしよう!ってことかな。

a0037414_13421465.jpg

                  こちらは、オーストリアが生んだ偉人の一人、精神分析医の
                  フロイト博士の診療所があったビル。今は、フロイト博物館になってる。
                  ここを訪れるのが今回の旅の目的のひとつでもありました。
a0037414_14463397.jpg

a0037414_1447321.jpg

                  フロイト博士愛用の椅子。
                  博士がこの椅子に座れなくなったのは1938年。
                  ユダヤ人だったフロイトは、オーストリアを占領したナチスドイツの
                  迫害を恐れてイギリスへ逃げ延びたのです。 

                  博士が設立した精神分析学会のメンバーも多くがユダヤ人でした。
                  そのほとんどが米国に亡命したため、戦後米国では精神分析が
                  ブームになり、猫も杓子も、そして悩みを抱えた映画俳優たちも
                  我先にカウンセリングを受けるようになったのでした。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-06-28 15:22 | 備忘録