映画の心理プロファイル

エンド・クレジット後のおまけのワンシーン

先週、好みのタイトルバックの映像を集めていた時の副産物です。
映画には、ときどきエンドクレジットの後におまけのシーンがついている作品があります。
エンドロールの途中で席を立って見逃してしまい、後で知って悔しい思いをするアレです。

今回は、そのおまけシーンの映像をご紹介。
ただ、完全にネタバレなので、未見で、お楽しみをとっておきたい方は、見ないほうが賢明デス(^^;

最初の作品は、まだ比較的記憶に新しい映画『アメリカン・ギャングスター』(2007)
映画館で見たときは、銃をぶっ放すシルエットの男が誰なのかわからなかったんですが、
これ見るとバッチリわかっちゃいますね。



続いてご紹介するのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最終作。
エンド・クレジットの後のおまけ映像は、だいたい短いものが多いけど、こちらは1分少々とちょいと長めです。
水平線に夕陽が沈んだ瞬間、キーラ・ナイトレイの顔が一瞬淡いグリーンに染まるように見えるんだけど、
それは“緑の光線(Green flash)”を浴びたせいなのかも?





今回の〆は、キアヌ・リーヴス主演の『コンスタンティン』(2005)のおまけ映像です。


[PR]
by kiyotayoki | 2009-10-05 22:48 | 備忘録