映画の心理プロファイル

月に一度、栄養補給させてくれるありがたい友人

ひとり暮らしを始めて早や6年。
なるべく自炊を心がけているので、簡単で手早くできる料理だけは上手くなった。
だけどレパートリーは少ないし、好きなもの中心だから、どうしても食生活は偏りがちになる。

そんな時、頼りになるのが近所に住んでる友人のカメラマンKさんだ。
この人も独り身なんだけど、料理の腕が玄人はだしなのです。しかも、和洋中何でも作れちゃう。

Kさんは、僕の食生活を見かねてか、月に一度ぐらいのペースで
自宅に招いてくれ、彩りも栄養も満点の手料理をご馳走してくれる。
僕が曲がりなりにも健康でいられるのは、Kさんのおかげといっても過言じゃないほどだ。

先日も、気さくなKさんから「食べに来ない?」とお電話があり、いそいそと出かけてまいりました。
その際、何か手みやげをと思って買っていったのが下の生ハム。

a0037414_1543122.jpg


クラテッロという豚のお尻の部分を使った生ハム。
生ハムの町として世界的に有名なパルマ産で、前から一度食べてみたかったものだったので、
いつもお世話になってるお礼も兼ねて、ちょっと奮発してしまった(^~^ゞ。

食べてみた感想?

それが・・・・
かなり飲み食いした後だったので、酔っぱらって、今ひとつ味を覚えていないのです(^^;
トホホ。
[PR]
by kiyotayoki | 2009-10-17 15:51 | 閑話休題