映画の心理プロファイル

『交渉人』(1998 米)

a0037414_161592.jpg
原題:『THE NEGOTIATOR』(139分)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:サミュエル・L・ジャクソン
    ケヴィン・スペイシー
    デヴィッド・モース

『狼たちの午後』を書いていたら、籠城モノの秀作としてこの作品があるの
を思い出しました。

ローマン(S・L・ジャクソン)はシカゴ警察東地区で人質事件の交渉人と
して辣腕をふるっていました。
ところが青天の霹靂。ローマンは警察年金に絡む汚職事件と同僚の警官
殺しの濡れ衣を着せられて一転、警察から追われる身に。
窮地に立ったローマンは大胆な行動に出ます。内務捜査局のオフィスに
乗り込み、捜査局員ら4人を人質に籠城してしまったのです。
ビルの周囲は、アッという間に警官隊が幾重にも包囲。周辺のビルの屋上
には何人もの狙撃手が配置され、蟻の這い出る隙間もありません。
けれど、ローマンは交渉のプロ中のプロ。
籠城犯に対して警察がどう出てくるかは全てお見通し。
警察側が連れてきた交渉人などは、ローマンの誘導尋問に乗せられて
「ノー」と言ったばかりに
「ノーは言わない、それが交渉人のイロハだろうが!」と、一喝される始末。
そんなローマンが最初にした要求は、「30分以内に西地区の交渉人、
セイビアン(K・スペイシー)を連れてこい」でした。
ローマンとしては、同じ地区の警官はもう誰も信用できなかったのです。

ローマンは事件の真相に迫るため、人質にとった捜査局の大物に狙いを
定めます。この男の口を割らせることかできれば、すべての謎が解けるに
違いない。
しかし敵も曲者。ちょっとやそっとでは口を割りそうにありません。
そこでローマンが使ったのが、ちょっとした心理テクニック。
わざと何かを思い出させる質問をしたのです。
すると男は思わず視線を右上のほうに泳がせました。それを見逃さず、
「今、ウソをつこうと考えてるだろう!」と断言。
すると、男の顔に動揺の色が。

右利きの場合、人は何かを思い出そうとすると視線が無意識に左上の
ほうに、新たに何かを考えよう(つまりウソをつこう)とすると右上のほうに
動くという特性があり、ローマンはそれを使って、男のウソを見破ったので
す(まあ、そんなことぐらいで「参りました」という人はいないので、この場
合はそう断言することで相手を動揺させることが第一の目的だったと思わ
れます)。

この籠城でも、後半になると人質がローマンに同情し、協力するようにな
ります。それもこれもローマンの『自己開示』に人質たちが心を動かされ
たからに違いありません。
[PR]
by kiyotayoki | 2004-08-31 16:00 | 映画(か行)