映画の心理プロファイル

カテゴリ:閑話休題( 519 )

もう冬支度? 渋谷ハチ公前

昨日のお昼、
友人と渋谷のハチ公前で待ち合わせ。
ところが35分遅れるとの電話をもらってしまい、
うーん、どうやって時間をつぶそうかと空を見上げたら・・・。

あらら、街路樹がもうほとんど裸状態!
えーっ、もう冬支度しちゃったの?
ちょっと気が早すぎるんじゃないかい。

a0037414_23181277.jpg

こんなに葉っぱが落ちたのは、こないだの台風のせいだろうか?
それとも、ハチ公前の地面、栄養が足りないのかな?
だとしたら、心配だな。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-10-04 08:09 | 閑話休題

今年の化け猫パレードは・・・

去年、初めて参加した『神楽坂 化け猫パレード』
今年も、10月21日(日)に開催されるようですが、さて、どうしようかなぁ。

去年と同じ仮装じゃつまらないし。
かといって、着ぐるみは用意するのが大変そうだし、暑苦しそうだし。

うーん、去年と同じじゃつまらないからやめておこうかなぁ、どうしようかなぁ
・・・と悩んでいたら、どなたかが撮ったYouTubeの動画を見てびっくり!
ああっ、一緒に参加した友人が写ってる(^o^)。

じゃ、ま、まさか僕も?





ああよかった。チラッと写ってるけど、うまい具合に人まぎれていてよくわからない。
危うくセーフ(^_^;)でした。
(こういうパレードに出ておいて、こんな記事を書く人間って、
目立ちたがり屋なんだか恥ずかしがり屋なんだか、ハッキリしろオイ
って自分でつっこみ入れときます<(^_^;)
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-22 22:55 | 閑話休題

金魚の舞い

連休中、コレド室町でやっている「アートアクアリウム展 2012」という催し物に
行ってまいりました。
サブタイトルは、「江戸 金魚の涼」。
5000匹の金魚が泳ぐさまは確かに涼しげだったけど、ちょっと人が多過ぎたかなぁ(^^;。
平日に行けばよかったかも。

a0037414_13394748.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-19 17:39 | 閑話休題

ダイアン・シューアとレイ・チャールズ

盲目のジャズ・ヴォーカリスト、ダイアン・シューア。
その表現力豊かな歌声と抜群の歌唱力は折り紙付き。

そんな彼女が子供の頃から憧れていたのがレイ・チャールズ。
たまたまだけど、さっき2人が共演している動画を見つけたのでご紹介。
(1999年にマイアミで行われたレイ・チャールズのコンサートにダイアンがゲスト出演した時のもののようです)


[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-16 10:29 | 閑話休題

江戸時代の超大女

僕の故郷は、九州・熊本なのだけど、
下の画像は、江戸東京博物館で見つけた江戸時代の瓦版。

a0037414_9384564.jpg


肥後国(熊本)天草郡に住む三姉妹、特に姉の身長は2m4㎝もあったそうな。
それが評判になって江戸深川八幡で見世物興行をやったら、これが大当たり。
他を圧倒する人気ぶりだったという話。

2m4㎝というと、ジャイアント馬場さん(2m8㎝)クラスだけど、
江戸時代の日本人は今よりずっと小柄だったはずだから、当時の人には彼女、
アンドレ・ザ・ジャイアント(2m23㎝)並みに見えたんじゃないだろうか。

それにしても・・・
熊本から東京まで長い旅をしてやってきて、
連日好奇の目に晒され続けたこの女性の
その後の人生が気になった瓦版ではありました(^_^;)
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-14 09:40 | 閑話休題

しりあがり寿の「ならべうた」

知人のFBで教えていただいた面白動画です。
しりあがり寿さん企画・監督によるゆるゆるアニメ「ゆるめ~しょん」の
人気シリーズ『ならべうた』。
歌って踊れて賢くなれるというのが謳い文句らしい。

振付師がちゃんとついているところが笑えます。
だけど、これ見て本当に踊る人っているのかしらん。
ちなみに、この動画の振付担当は中里順子さん。





こちらは“大作”『アフリカ諸国編』。
なにしろアフリカって、55前後の国がある(正確な数不明)っていうんだから、
名前を数え上げるだけでも大作になっちゃうんだよね(^^;
こちらの振付はラッキィ池田さん。



[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-13 12:42 | 閑話休題

表参道界隈散歩 その2

前回の続きです。

a0037414_9312392.jpg

『高野長英先生隠れ家碑』と刻まれた石碑があるのは、青山通りを背にして立った場合、
スパイラルビルの左端にあるんですが、なぜ、こんなところにそんな石碑が埋め込まれているのかを
調べてみたら、高野長英さんの有為転変の生涯(特に晩年)がわかってとても興味深かった。

日本史の授業などで知っていたのは、長崎でシーボルトにオランダ医学を学んだ長英が
幕府批判の咎で渡辺崋山らと共に捕らえら投獄されたってことぐらい(「蛮社の獄」っていうんでしたね)。

調べてみて驚いたのは、
投獄されて6年目の1844年(弘化元年)、伝馬町にある獄舎の火事で3日間の解き放ち(期限内に集合場所に戻ることを条件に開放すること)になったのを利用して脱走しちゃったという事実があったこと。
時代劇でよく「解き放ち」のエピソードは出てくるけど、本当にあったんだね、そういうことが。
一説によると、獄吏を買収して放火させたって話もあるらしい。

脱走した長英さんは、多くの門人や学者、宇和島藩主伊達宗城公、薩摩藩主島津斉彬公等に守られながら日本中を転々。
逃げのびるために何度も名を変え、硝酸で顔を焼き面相まで変えた。

けれど、1850年(嘉永3年)長英さんの命運は尽きる。
「沢三伯」と名前を変えて、青山百人町の借家(それがスパイラル辺り)に潜伏していたのだけれど、
それが捕吏の知るところとなり踏み込まれてしまった。
長英さんも医者とはいえ元々は武士の端くれ。脇差しで自ら喉を突いて47歳の生涯を閉じたというのだ。

まさに波瀾万丈、小説の題材にぴったりじゃない。
そう思ったら、『長英逃亡』(吉村 昭著)という小説がとっくに出ておりました。そりゃそうだろうね。


ま、それはそれ、この日はせっかく青山に来たんだから、久しぶりに外苑西通りにあるワタリウム美術館へ行こうと
最初から決めていたのだけれど、そのついでに見ておきたい場所があった。
それが、都営青山北町団地

この一週間ほど前、表参道を訪れたときに見かけてびっくりしたのですよ。
「ええっ、青山通りの裏に、こんな古い団地がまだ残ってたんだぁ」って。
だけど、その時は人を案内していた最中だったので、ゆっくり見る余裕がなかった。
そこで、この機会に再訪してみようと思ったわけです。

a0037414_11364348.jpg

上の画像は、団地の入り口にあった「団地案内図」。
この錆びつき具合を見ても、この団地がいかに古いかがわかろうというもの。
帰って調べてみたところ、この団地ができたのは、昭和32年(1957)~昭和43年(1968)の頃らしい。
24棟からなるかなり大きな団地だ。敷地にもゆとりがあって、前庭には荒れてはいたけど家庭菜園のようなものもあった。

a0037414_11524694.jpg

なにより驚くのは、その長閑さ、緑の多さ。
青山通りからちょっと引っ込んでるだけなのに、蝉の鳴き声のせいもあって車の音は聞こえてこないし、
表参道の繁華街からも近いのに、人影はまばらだ。
こんな一等地なのに都営だからきっと家賃は安いんだろうし(3万円強だって!)、環境はいいし、
一度入居したら出ていく人はほとんどいないだろうなぁ・・・。
そう思っていたら、この団地、3分の1は空き家なのだそうな。
理由は、だいぶ前から都が再開発を計画中で、入居者募集を中止していること。
その上、住居者の高齢化もあって、徐々に空き家が増えていってるというのが実状らしい。

実際、4階建てと5階建ての建物はかなり老朽化しているし、エレベーターもついていないから、
4階や5階に住んでいるお年寄りは大変だろうなと思う。


a0037414_12325077.jpg

              だけど、猫たちにとっては天国みたいなところだね、ここは。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-06 12:36 | 閑話休題

表参道界隈散歩 その1

表参道で仕事の打ち合わせをしたついでに、表参道界隈を散策してまいりました。
まだ夏の名残はあるんだけれど、散歩してみようという気になったということは、
それだけ気温が落ち着いてきたってことなんだろうな。

待ち合わせは、谷内六朗さんのモザイク壁画が目印の山陽堂書店。
表参道交差点のすぐ脇にあるので、待ち合わせにはとても便利なのです。

a0037414_919030.jpg

そうそう、この書店は明治24年からここにあるというから、創業してもう122年になるんだね。
3階建てのビルになったのは昭和6年。ってことは築80年!
この界隈じゃ一番古い建物かもしれないな(東京オリンピックのために青山通りが拡幅された時に、
ビルは道路側が削られて3分の1の大きさになったらしい)。


打ち合わせに使ったお店は、青山通りを挟んで山陽堂書店のほぼ真向かいにある「大坊(だいぼう)珈琲店」。

a0037414_17371850.jpg

たまたま見つけて入ったのだけれど、レトロな店内はダークブラウンで統一されていて、珈琲の良い香りが漂ってる。
また、どっしりとした古木のカウンターや、使い込まれた木製の椅子とテーブルが存在感を放っておりました。
打ち合わせにはうってつけのお店♪
しかし、表参道駅のすぐそばにこんなに落ち着いたお店があるなんて、今まで気づかなかったなぁ。

目を引いたのはメニュー。
ここのブレンドコーヒーは、豆の目方と抽出量をいくつかの設定から選べるのです。
豆の目方に対して抽出量が多ければ薄めになるし、逆に抽出量が少なければ濃い目の珈琲が飲めるという寸法。

a0037414_17411186.jpg

だけど、初めてで、どれを選んでいいかわからない。
悩んだ末、味わったことのない「タンザニア・コーヒー」を注文(^^;。
ちょっと酸味があって美味しかったですよ。

帰ってネットで調べてみたところ、初めての客はベーシックな20g/100cc(3番)から試してみればよいとのことでした。

表参道はちょくちょく行くところなので、あまり新しい発見はないだろうと思っていたけれど、
いやいや、そういう思い込みはダメですね。
その証拠に、珈琲店を出た後にも、意外なところで意外なものを見つけてしまいましたから。

例えば、この石碑。
スパイラルピルの端っこの柱にさりげなく埋め込まれていたのだけれど、何の石碑だと思います?

a0037414_11142829.jpg

実はこれ、その昔、この地に幕末の蘭学医・高野長英が隠れ住んでいたことを教えてくれる石碑だったのですが、
そのいわれについては長くなりそうなので、次回ということにさせてください(^^;
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-05 18:07 | 閑話休題

『記事ランキング』の不思議

わりと最近のことだと思うけれど、ブログのトップ画面に『記事ランキング』というのが出るようになった。
自分のどういう記事にアクセスが多いかをランキング形式でお知らせしてくれるもののようだ。

それを見ていて不思議なのが、「名探偵モンク 第10話『ナタリーVSシャローナ 』」という記事が
常時トップにきていること。
下位の記事は時々入れ替わっているのに、トップの座は揺るがない。

ちなみに名探偵モンクというのは、NHKで長らく放映されていた米国製の探偵ドラマなのだけど、
最終シーズンが終わったのはもう2年前だし、ぼくの記事だってそれより前(2010年6月)のものだ。
そんな記事になぜアクセスがあるんだろ。

a0037414_16163986.jpg

このブログにアクセスしてくれる人にはモンクのファンが多いのかな。
それとも、CSあたりで今も放映されていて、検索にかかりやすいのかしらん?



エキサイトでブログをやっている皆さん、
あなたの『記事ランキング』ではどんな記事が1位になっていますか?
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-03 21:26 | 閑話休題

初スカイツリー

初スカイツリーです。
思いっきり “おのぼりさん”体験をしてまいりました。

画像は、地上350mにある天望デッキから450mにある天望回廊へ昇る
エレベーターの天井を見上げたところです。
時速何mぐらいで上昇してるんだろ(調べてみたら、分速600m、時速だと36㎞だそうです)。

a0037414_1114950.jpg


地上450mにある天望回廊から、浅草方面を眺めたのが下の画像。
夕暮れ時だったので、色が単調でわかりにくいかもしれませんが、
隅田川沿いの金色に輝くウ◯コビル(アサヒビールのビル)も、こんなにミニチュアサイズになってしまいます。

a0037414_22404596.jpg

とはいえ、高さにマヒしていて、どれくらいの高所なのかがピンとこない。
そこで、以前東京タワーの大展望台(地上150m)から撮った画像と比べてみました。

a0037414_1151584.jpg

なるほど、150mと450mの差は歴然です。

それにしても東京って街はだだっ広い。建物が密集している上に、野放図に広がるだけ広がってる。
万一のこと(大震災など)があったらと思うと背筋が寒くなるけれど、
周りの観光客からは「今、地震がくると面白いんだけどな。どれくらい揺れるか体験してみたい」なんて
お気楽な会話が聞こえてくる。
それを聞いてるこちらも、夕暮れとともに一斉に点灯を始めた都会のイルミネーションを見てウットリしているんだから、
似たり寄ったりなのだけれど。

a0037414_11371652.jpg



a0037414_22412275.jpg

タワーを降りた後で、飲んだビールも
スカイツリー仕様でありました。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-09-02 11:31 | 閑話休題