映画の心理プロファイル

カテゴリ:閑話休題( 519 )

上海の覚え書き3 

『映画の心理プロファイル』なのに、上海のことばかり書いてもナンなので、
まずは映画のご紹介を。
a0037414_224547.jpg
たまたま上海へ行く前に観たんですが、これ、なんと近未来の
上海が舞台となるSF映画なのです。

タイトル(原題も):『CODE46』(2003 英 93分)
監督:マイケル・ウィンターボトム
脚本:フランク・コットレル・ボイス
出演:サマンサ・モートン
    ティム・ロビンス

監督が『ひかりのまち』など独特のしっとりした作風で知られるM・
ウィンターボトムだけに、舞台は近未来であるものの、描かれるのは禁断の切ない恋の物語。
主演は、身長が196㎝もあるらしいティム・ロビンスと、『マイノリティー・リポート』の怪演が印象に残るサマンサ・モートン。
環境破壊が進み、地球全体が砂漠化した近未来。人々は徹底管理により安全が保たれている都市部に密集して暮らしています。
その都市の1つが上海なんですね。
映画は、ティム・ロビンス扮する捜査官が上海に降り立つところから始まります。
その空港は、今回の旅でも利用した浦東国際空港。
タクシー乗り場、高速道路から眺める都市の景色、地下鉄・・・どれもついこないだ自分で見てきたものばかりなので懐かしいったらありゃしない・・・なーんて、たかが3泊4日の旅人のくせして、もういっぱしの上海通になってる自分がお恥ずかし^^;。

ま、いっぱしの上海通を気取れるのも、今回あちらでお世話になった友人のおかげ。
彼女とはもう20年来のつき合い(ご亭主よりつき合いだけは長いんです)。
作家でエッセイストで、ゴマとハナ2匹の犬の飼い主で、湯河原の駅前でうどん屋(『うさぎや』)までやっていて、静岡で留守番しているご亭主を寂しがらせてもいる、名古屋が生んだ怪女、もとい愉快痛快な女性です。
彼女の名は水野麻里
安心は好きだけど安定は嫌う彼女は、人生の新たな可能性を求めてこの2月から半年の予定で上海に語学留学中。
そんな彼女のおかげで、反日ストで騒然としている上海にいても、言葉に不自由することも、危険な目にあうこともなく(「いい歳した男が2人して、肉まんも買いに行けないんだから」とか皮肉はたっぷり頂戴しましたが)、面白くて貴重な体験をいくつもさせてもらいました。たとえば・・・
a0037414_12214372.jpg
①町全体が魚介類の市場になってる呆れるほど広
大な水産市場で魚介類を買って、それをレストラ
ンに持ち込んで、料理してもらって食べるという体
験は初めてだったしホント美味しかった!
その場所を教えてくれた留学生仲間の青ちゃん、
買い物につき合ってくれた中国滞在歴20年のケ
イコさん、ありがとう!

②彼女の留学先である上海交通大学は反日ストの
学生を大量に輩出しているところ。そこへ潜り込ん
で食べた学食の味は格別でした。
ご一緒した留学生の皆さん、どうぞご無事で。楽しい体験をたくさんして帰っ
てきてくださいね。

③彼女は交友関係も広くって、最後の夜、火鍋料理をご一緒したのは、夜の
街でボディーガードや裏(?)の仕事をなさってる上海人の羅さんでした。
昔、半年間、 日本滞在経験のある羅さんはカタコトの日本語で甲斐甲斐し
くサービスをしてくれ、 面白い裏話を聞かせてくれました(笑顔は可愛いけ
ど怒ると怖そう)。 チャンスがあったら、次回はもっとディープな上海を体験
させてもらおうかな。

その他、フォーク好きの彼女がステージに立つこともあるらしいライブハウス『温故知新』のマスターとも同じ熊本出身ということで楽しい時間を共有させてもらいました。
なにはともあれ、人は人を知ることで成長し、自分の世界・宇宙観を広げていくものだということを今回改めて実感させられました。
日本と中国や韓国との不幸な関係も、互いを知らないことがその大きな原因になっていると思います。自分の思い込みだけで一方は怒り、一方は怖がってる。
互いを知り、理解し、思いやること。
それが和解・友好の一番の近道だと思うのですが・・・・。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-20 13:30 | 閑話休題

上海の旅 覚え書き2

a0037414_6593420.jpg
上海→東京のフライト中、米国リメイク版の『シャル・ウイ・ダンス?』
をやってましたが、フライト時間が短いものだから映画は途中で
プツンと終了。
『リアクタンス(心残りの心理)』といいますが、途中で勝手に終了
されちゃうと、そんなに興味のない映画でも続きが見たくて見たくて
仕様がなくなっちゃうんですよね。

a0037414_712667.jpg

経済の爆発的発展と都市開発が進む上海。
それでも、昔ながらの上海の面影はそこここに残っ
ていました。
友人のアパートも周囲は煉瓦造りの古い建物が密
集する一角にあり、日本でいえば昭和30年代の、
そう、西岸良平の『三丁目の夕日』か、はるき悦巳
の『じゃりん子チエ』みたいな世界。
その向こうに建つ高層ビルとのコントラストが、また
いい感じ(写真はアパートの窓から見える風景)。

3泊、ここでお世話になったので宿泊費はゼロ。
食費も、たとえば昼食がビールを頼んでも3人で
480円(1人160円)。
ジューシーな肉まん(肉包子)が1個13円とか金銭感覚がマヒしちゃいそうな安さ!
なにせ一番豪華な夕食でも1人1000円位でしたから。
友人の勧めで試した全身マッサージは650円。足ツボマッサージが1時間で585円。
(ただし、コーヒーは飲む習慣があまりないせいか高い)
そんな具合で、航空券代を除くと、3泊4日でかかった費用は買い物代・お土産代を
含めても1万円弱と格安で旅を楽しむことができました。

ちょっとツラかったのは、トイレ事情。上海は水道の水圧が低いらしく、トイレに紙が
流せない!小はいいにしても大は困りますよね(^_^;)。
友人(女性)は、もう3ヶ月近く上海で暮らしているせいか慣れたもので「終わったら、
シャワーで洗えばいいじゃん」と事もなげにおっしゃる。
そう言われてもなあ・・・。で、結局、「大」のほうは毎朝、近所にある高級ホテルへ
行ってウォシュレット付きのトイレですますことに。
あ~助かった(文明国人^^;はホントひ弱で困ったもんです)。

あれれ、反日ストの話がどこかへいっちゃった。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-19 12:09 | 閑話休題

上海の旅 覚え書き その1

a0037414_17213491.jpg
4月18日、午後1時半。無事、成田へ戻ってまいりました。
帰りは約2時間半のフライト。
近いんですね、上海って。
上海のライブハウス『温故知新』で知り合った日本の若者
は「松山からの直行便だと、たった1時間半ですよ~」って
自慢しておりました。
そんなに近いお隣の国への旅だったのに、今回は国と国の間にある政治の壁の
高さ険しさ、両国間の歴史認識の溝の深さを思い知らされた旅でもありました。

今回の旅の目的は、語学留学している友人(女性)の陣中見舞い。ただし、こちらは
1人ではなく、友人のご亭主と一緒。友人とご亭主は約3ヶ月ぶりの再会です。
(ひょっとしてボク、お邪魔虫だったのかな?)

15日(金)の夜に上海入り。
空港から上海の中心街にある友人のアパートまでは、安全を考慮してタクシーで。
でも成田空港から東京都心と同じくらいの距離があるのに料金は約1700円という
安さ(初乗りは約130円)!
この日は夜も遅いし、外は危険かもということで、友人宅で安いビール(大瓶が約40
円!)と友人の手料理で再会を祝って、早々に就寝。
a0037414_17473270.jpg

16日(土)、ネット情報によると反日デモの参加者は朝9時に人民広場に集結し、
日本の上海総領事館までデモ行進することになっていました。
で、その前に街を散策しようと、まず生鮮食料品の店と偽ブランドショップが軒を連
ねている「シャンヤン市場」へ。
さすが食の街上海。市場内は近郊から運ばれてきた生鮮食品から、どこで獲れた
のかわからない魚介類、それから食用ガエルやら豚の頭やらが屋台に山と積まれ
ておりました(でも、こんなのは序の口だったと後で唖然呆然とすることになるんで
すけどね・・・^^;)。
a0037414_2131365.jpg

デモ隊との遭遇は、ボクらがミスドーでモーニングコーヒーを飲もうとしていた時。
この時はまだ1000人位だったかな。隠し撮りしたのでロクでもない写真ですが、
整然とした行進だったので、「あ~、通達の効果が出てるんだね」と安堵していた
んです、この時点では。というのも、デモの主催者から「過激な行動は自粛せよ」
という指令が出ていたから。
(5分、ミスドーに入るのが遅れていたら、道でデモ隊と出くわすところでした^^;)

ところが、あとで聞いたら、このデモ隊の一部がこの後、日本総領事館のそばの
日本料理店を襲撃することになるんですね。
それを目撃した『温故知新』のマスターは、「今回も警官隊は見て見ぬフリでした
よ」と舌打ちしてましたっけ。
この続きは疲れたので、また次回ということに・・・。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-18 21:42 | 閑話休題

この時期に上海旅行ってヤバい?(^_^;)

今夕から3泊4日で上海です。
先月末、上海に語学留学中の友人から「おいでよ!」って
誘われた時は、こんなことになるとは思わず気軽にOKしちゃったんですが、
まさかこんな状況になろうとは・・・。

ナショナリズムという御旗の下、人が徒党を組むと理性なんて何の役にも立たなく
なってロクなことがないことは歴史が物語っていますが、それで何度も痛い目にあっ
てるのに何度やっても懲りないんですよね、わが人類は(今度のデモは、痛い目に
あったことのない若者中心だってところが怖いんですが)。

17日、日本の外務大臣が北京入りするというので、首都は厳戒態勢だろうけど、
その分、他の都市は暴徒が野放しになっちゃったりして。

迷惑かけに行くような気もして二の足踏みかけたんですが、
ここは“自己責任”というヤツで行ってこようかな、と。

無事帰国できたらブログ、再開したいと思っております。
a0037414_1021685.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-15 10:15 | 閑話休題

『虹の彼方に』

この週末は久しぶりに風邪でダウンしてしまいました。
まだ熱っぽいので、こんなの書いてないで布団に潜り込んだほうが
賢明かもしれませんが、ベッドで聴いていたいくつかのCDに同じ曲
がカヴァーされていたのでご紹介。
その曲とは『虹の彼方に(over the rainbow)』。
ご存じ『オズの魔法使い』(1939 米)の主題歌です。

a0037414_12135370.jpg
『BALLADS』エリック・クラプトン
2003年に来日した時の記念盤。クリーム時代の
『バッジ』や名曲『ティアーズ・イン・ヘヴン』など、
彼のバラードの間にさりげなく『オーヴァー・ザ・レ
インボウ』が挿入されています。


a0037414_12191725.jpg
『The Best of NILSSON』ニルソン
ニルソンというと、映画ファンなら『真夜中のカーボーイ』
を思い出すのでは・・・。このベスト盤でもオープニング
を飾るのは映画のテーマ曲になった『うわさの男』。
『虹の彼方に』は14曲目。


a0037414_12442564.jpg
『over the rainbow』ジミー・スコット
そろそろ80歳になられるであろうジャズ・シンガー
ジミー翁の枯れた『over the rainbow』は一度聴い
たら病みつきになります。



a0037414_12493491.jpg
『ALONE IN IZ WORLD』イズラエル・カマカウィウィオレ
1997年に38歳の若さで他界したハワイ先住民の
人気歌手。この人の唄う『over the rainbow』が一
時期、通っているスポーツジムで繰り返しかかってい
て、どんな人が唄ってるんだろうと思っていたんですが、
その艶のある声の主が体重300キロもある人だったと
知ってビーックリ!。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-04-04 12:56 | 閑話休題

運気上昇????

1週間近く前のこと。
粗忽者の私は自分の不注意から財布をなくしてしまったんですが、
昨日、状況に劇的な変化があったんです!
a0037414_11485624.jpg
な、なんと、郵便で送られてきたのです!
なぜか現金以外の財布の中味だけ!

現金以外は、カード類から名刺、保険証、
免許証、各種会員券、切手、領収書など、
入ってた物ぜーんぶ!!!
郵便配達のおじさんから受け取った時、
「ひょっとしてこれは!」
と直感したものの、開けてみた時の嬉しさったらありませんでした。
世の中には奇特な方がいらっしゃるものですね。
ホントにありがとうございます!!
(あと1日早く届いていれば、免許センターに行かずにすんだん
ですが、そんなのは戻ったから言えることですよね)
封書には、お手紙類は入っておらず、
でも、住所・氏名(女性の方。文字からするとたぶん中高年の方)は
書かれていたので、
どこで拾ってくださったのか。
現金はないにしても、なぜ財布は送っていただけなかったのか(財布の
中味が完璧にそろっていて汚れてもいないから、それだけで落ちていた
とは思えないので)。
・・・など聞いてみたいことはいろいろあれど、変に詮索して気分を害さ
れては申し訳ないので、礼状と心ばかりのお礼の品だけお送りしようと
思っています。
(今、送るために住所を確認したら番地が書いてなかった。困りました)

なにはともあれ、落ち込んでいた運気が上昇し始めているのは確か。
励ましてくださった皆さんにも、この場をお借りしてお礼を申し上げたい
と思います。ホントにありがとうございました。
[PR]
by kiyotayoki | 2005-03-30 11:35 | 閑話休題

怪優の呪い!?

a0037414_19561731.jpg
スディーヴ・マーチン主演のコメディ映画に『大災難P.T.A』
(1987)という、次から次に災難にあってしまう男の映画が
ありましたが、
このところ、いろんな俳優さんを“怪優”扱いして
もてあそんだ報いでありましょうか、
ここ3日間、続けざまに災難に見舞われて、もう青息吐息
状態です。

悪夢の始まりは、故郷の熊本からの帰り。
悪天候で予約した航空便が待たされたあげくに欠航となり、
長蛇の列に並んでキャンセル待ちをすることになっちゃった。
おかげで自宅到着が夕方から深夜近くになり、留守番させられていた
猫が怒ること、怒ること(知り合いにはその日の午前中までしか世話を
頼んでいなかったので・・・^^;)。

翌日、今度はカラッポの冷蔵庫を満たすため、車で買い出しに出かけて
なんと財布を紛失。どうも車から出た時にポロッと落としたみたい。レジ
でそれに気づいたので、全部元に戻してもらうはめに。
しかし、財布の紛失は痛すぎます。
入ってるの、お金だけじゃありませんものね。

でもって今日。近所の交番に遅ればせながら紛失届を出しに行った帰り、
気分転換しようと思ってスポーツジムへ自転車で向かってたら、おばさん
乗車の自転車に側面衝突。小さな交差点の信号が青だったんでスピード
を出したまま進入したのが間違いのもとだったんですけどね。
激痛の走る左手を見たら、わわわッ、中指が変形してるぅ~!
それ見て、文句を言ってたおばさん、慌てて「私は失礼しますね」って
どこかへ消えちゃった(あのおばさん、平気そうだったけど大丈夫かしらん)。

見物してた人の「早く病院へ行ったほうがいい」って勧めで、とりあえず
タクシーに乗ったのはいいけど、ふと思い出したことが・・・。
ああっ、財布ないんだった!
ポッケの中には600円とちょっと(初乗り660円)。で、せめてメーターが
上がる前に降りようと「あ、ここでいいです!」。
でもって、運転手さんに曲がった中指を見せつけて、なんとか持ち金で
許してもらって病院の受付に向かってへろへろダッシュ。
ところが、急患対応の医者が手術中でダメだってんで、他の病院を紹介
してもらって再びへろへろ猛ダッシュ(もうタクシーに乗る金もないもので)。
で・・・、待つことのほうが長かった3時間の治療の結果が下の写真です。
a0037414_18333853.jpg

財布がないってことは、保険証もないってことで、治療費は
な、なんと2万7千円。
友達の助けでなんとか支払えたけど(持つべきはやっぱり友ですね)、
財布に入ってた同額程度の金と合わせると、5人の諭吉さんが「じゃあねー」
ってボクの元からあっさり去って行かれました。
痛い、指も痛いけど、痛すぎる~(;_;)。

ここまでこんなグチにおつき合いくださったあなたには、こんな悪夢は訪れな
いことを切に願いますm(_ _)m。
a0037414_2192021.jpg

                 祈、疫病神、退散!!!!!
[PR]
by kiyotayoki | 2005-03-24 18:45 | 閑話休題

チャールズ&カミラ

2月11日、かねてから噂されていた2人、英国のチャールズ皇太子とカミラ
さんの婚約が発表されました。下の写真は、その記者会見の時のもの。
2人が同時に左の人差し指で顔の同じところをポリポリしようとしているシーン
です。
さすが交際歴35年のおふたり、息もぴったりだから、行為も同調しちゃう
んですね。以前もご紹介した『同調行為(シンクロニー)』が起きたわけです。
きっとダイアナとはこんなシーンはなかったんでしょうね。
この2人なら、離婚の心配はなさそうです。
a0037414_1443289.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2005-02-13 14:05 | 閑話休題

うちの猫

先日(1月25日)、外で世話をしていた猫が病院で息をひきとりました。
12歳くらいだったと思います。白ネコ3兄弟で一番の長生きクンでした。
というわけで、身内猫といえるのは下の写真のピリカだけになってしまい
ました(;_;)。
代官山の駅のそばに住んでいた頃、散歩してたら「わたしを拾って~」って
感じで走り寄ってきた(生後2ヶ月位)のが彼女。
以来21年、後ろ足がかなり弱ってきたものの、まだまだ元気なおばあちゃ
ん猫です。
a0037414_10184278.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2005-01-31 10:20 | 閑話休題