「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

カテゴリ:カテゴリ別( 2 )

指定型バトン『映画』

a0037414_23552133.jpg
マリリン・モンローをこよなく愛す
ボー・BJ・ジングルズさんから
指定型バトン
というのをいただきました。

このバトンの【ルール】は…

●回してくれた人からもらった「指定」を「」の中に入れて答えること
●また回す時その人に指定する事

バトンの【指定内容】は…

●最近思う「」
●この「」には感動!
●直感的「」
●こんな「」はいやだ!
●次に回す人5人!指定付き

いただいた指定は『映画』。
『映画』といっても、広すぎて何から手をつけていいのかわからない。
なので時節柄『クリスマス映画』ということに勝手に変更しちゃいました(^^;。
a0037414_1153359.jpg
最近思う『クリスマス映画』
 うーん、いきなり難しい質問。
 とりあえず最近観たクリスマス映画は
『ポーラーエクスプレス』(2005)。
 人気絵本の映画化作品です。
「サンタはホントにいるのかな」と疑問を抱き
 始めた男の子が、信じる力を取り戻すお話。
 テーマはクリスマス映画の王道です。
 それをフルCGで美しく華々しく見せてくれる。
 CG技術はクリスマス映画にはもう欠かせませんね。
 ただ、難点はCGでリアルに作られた子ども達の顔が可愛くないこと。 
 人間だけは実写にすればよかったのにな。

この『クリスマス映画』には感動!
 クリスマスで思い出すのは、小学校の頃、父親が買ってきた
 高さ50センチぐらいのクリスマスツリー。
 クリスマスが終わったあと、そのツリーは玄関脇の庭へ移植されました。
 以来ウン十年、少しずつ成長していった木は、高さ10メートルぐらい
 に育ったでしょうか。実家のシンボルみたいになっておりました。
 それが数年前の台風で倒れてしまったと聞いた時はちょっとショック
 でした。なにか自分を見守っていてくれた誰かがいなくなっちゃった
 ような気がして。
a0037414_1833251.jpg
そんな時に観たせいか、印象に残ったのが
電話で抱きしめて』(2000)。
クリスマス映画というわけではありませんが、年老いた父親(ウォルター・マッソー)と娘(メグ・ライアン)が園芸ショップにクリスマス・ツリーを買いに行くシーンがすごく印象に残っています。
この映画の脚本・脚色を担当したエフロン姉妹のお姉さんノーラ・エフロンは『恋人たちの予感』(1989)の脚本も書いた人。こちらで主人公を演じたのもメグ・ライアンで、クリスマス・ツリーを買うシーンも出てきます。ノーラさんもクリスマス・ツリーには特別な思い入れがあるんじゃないかな、きっと。

直感的な『クリスマス映画』
 クリスマス映画には、クリスマスそのものを描いた作品と、
 クリスマスの時期に何かが起きる映画がありますね。
 前者の映画で直感的に思い出すのは、
 『34丁目の奇蹟』(1947、1994)かな。
 あと、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(1993)と
 『グリンチ』(2000)
 あと『3人のゴースト』(1988)と、そのオリジナルの『クリスマスキャロル』

 後者の映画では、
 『ダイ・ハード』(1989)
 『恋に落ちて』(1984)
 『天使のくれた時間』(2000)
 『ラブ・アクチュアリー』(2003)
 『ホーム・アローン』(1990)
 『リーサル・ウエポン』(1987)
 『戦場のメリークリスマス』(1983)
  
 『ホワイトクリスマス』(1954)ってどっちに入るんだろ。 

こんな『クリスマス映画』はいやだ!
 クリスマス映画は、やっぱりハッピーエンドじゃなくっちゃね。
 ってことは、アンハッピーなクリスマス映画は「いや」ってことかな?
 例えば、クリスマス・イブの夜に惨事が起きることを予知した男(R・ギア)
 の物語、『プロフェシー』(2002)。なんか後味悪いデス。
 せっかくクリスマスツリーの点灯式とかあるのに、なぜか物悲しいし。

次に回す5人(指定付き)
 バトンはこれが難しいですよね。
 12月ということで、『クリスマス』『忘年会』『ジョン・レノン』『忠臣蔵』
 こんなテーマでバトンを受け取ってくださる奇特な方はいらっしゃいませんか

a0037414_23572764.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2006-12-04 00:51 | カテゴリ別

一輪の薔薇

a0037414_12105154.jpg
薔薇が象徴的に使われる映画はたくさんあります。
『Shall We Dance?』では一輪の薔薇が19年間の愛と真心を表現。
『アメリカン・ビューティー』では真紅の薔薇の花びらが主人公の妄想を。
『不機嫌な赤いバラ』では一輪の薔薇が秘めた怒りを。
『バットマン』では二輪の薔薇が鎮魂を。
『薔薇の名前』では名もない村の少女が薔薇に投影されていました。
それから『007 カジノ・ロワイヤル』には確か黒薔薇が出てきたような・・・。

薔薇が小道具として登場する映画の中でも大好きなのが
お熱いのがお好き』(1959)♪
a0037414_19444614.jpg
原題は『SOME LIKE IT HOT』。
巨匠ビリー・ワイルダーが監督・製作・脚本を手がけたサスペンスタッチのラブコメディで主演はジャック・レモン、トニー・カーチス、マリリン・モンローの3人。

殺人現場を目撃したジェリー(J・レモン)とジョー(T・カーチス)がマフィアから逃れるために女装をして女性だけのバンドに潜り込んじゃう。
そこで出会ったのがモンロー扮する歌手のシュガー♪
もちろん2人はシュガーにひとめぼれ。 
だけどシュガーは2人を女だと疑わないし、2人だって身分を明かすわけにはいかない。
結局、2人はシュガーの恋の悩みの聞き役に。だけどジョーはそれじゃ物足りないし、あふれる恋心を押しとどめることはできない。

そんな時、ジェリーが初老の大富豪に惚れられ、大きなバラの花束をプレゼントされます。ジョーはそれを横取りしてシュガーに、海で会った金持ちの男(実はジョー)からだといって渡してしまう。

女性は花が好き。そして数多い花の中でも一等強く心惹かれるのが薔薇。
シュガーもその例外じゃなく、すっかり有頂天になって桟橋で待つ男のもとへ駆け出していきます。
女性はなぜ花に限らずきれいなものに惹かれるのか。
これは『連合の原理』が働くからだといいます。
きれいな花と自分を結びつけて、自分まできれいになったような気になっちゃう。ブランド物が好きなのも同じ心理(自分まで高級になった気になる)が働くからなんでしょうね。
a0037414_2154640.jpg
一方、ひとり残されたジェリーのほうはというと、花束から引き抜いた一輪の薔薇を手に、やけくそになって大富豪とデートします。
女に扮しているとはいえ中味は男。だからお情けに薔薇の花をもらっても嬉しくもなんともない。
男に働く『連合の原理』は、自分をきれいに見せてくれるものより、自分をよりかっこよく、より大きく見せてくれるもの。たとえばサングラスとか車ですものね。

同じ薔薇の花束から生まれた2つのラブストーリー。
ただ、一方は熱い熱い夜をすごし、一方は思い切り白けた夜をすごすことになるんですけどね(^^;。さて、この2組の恋の結末は・・・。
ネタバレになるのでこれ以上は書けませんが、さすがビリー・ワイルダー監督、ウフッと笑えるオチを用意してくれていることだけは確かです♪
[PR]
by kiyotayoki | 2006-08-30 09:45 | カテゴリ別