「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

カテゴリ:美味( 54 )

至福♪♪ 銀座の三つ星寿司店『すきやばし次郎』初体験!

これから先、たぶん二度とクチにできないであろう昼食をいただいてしまった!

昼食をとった店は、銀座の『すきやばし次郎』。
なんとミシュランの三つ星を6年連続で獲得し続けているというお寿司の名店だ☆☆☆

a0037414_2316201.jpg

そんな店でなぜ昼食をいただくという僥倖に恵まれたのかといえば、
実家の店が長らくお世話になった経営コンサルタントの方を慰労するためにこの店をチョイスしたから。
その慰労会にちゃっかりスネークインしてしまったのです(^_^;)

いただいたのは「本日のおまかせ」(お代を知ると心臓に悪いデス)。

冬の白身の代表格“ひらめ”から始まる珠玉の19貫!
それを優雅に、そして軽やかに握ってくださるのは、御年87才になられる店のご主人・小野二郎さんだ。
ネタには煮キリ醤油が刷毛で塗ってあるので、そのまま口へ。
厳選された旬のネタばかりということもあって、どれもこれも形容できないほどの美味しさ。

次々に出てくるので、あれよあれよという間に19貫完食。
もっとじっくり味わえばよかったなぁと思ったけれど、後の祭りでございました。
寿司ってやっぱりファーストフードなんだなぁ。

a0037414_23195475.jpg

カウンターでは写真撮影NGだったので、テーブル席でデザートをいただいた時に一枚だけカシャッ。
(と言っても、デザートも半分以上いただいちゃってますが^^;)

そうそう、お店で教えてもらったのだけど、来月2日から、「すきやばし次郎」のご主人・小野二郎さんの生き方を
綴ったドキャメンタリー映画が公開されるそうだ。
タイトルは『二郎は鮨の夢を見る』(原題:「JIRO DREAMS OF SUSHI」 米)。


[PR]
by kiyotayoki | 2013-01-24 23:54 | 美味

クリスマスの定番ケーキ「シュトーレン」

知り合いの会社から、今年もクリスマスの定番ケーキ
「シュトーレン」を贈っていただいた♪
初めてもらった時は一人で食べきれるか心配だったけれど、
このお菓子は日持ちがするらしいし、元々クリスマスの日まで
少しずつ切って食べるものらしく、独り者にも嬉しいプレゼントなのです(^_^)v

a0037414_115228.jpg

白い包みを開いたら、中身も真っ白な塊。
粉糖とバターでコーティングされているらしく、
それで長期保存が可能になっているようです。
ちなみに、賞味期限は来年1月31日となっておりました。
へぇ~そんなに保存できるんだぁ!

a0037414_1154590.jpg

今日は、クリスマスイブ。
ということで、朝、切って食べてみた。
わりとシンプル。だけど食べ飽きない味でしたよ♪

a0037414_1162064.jpg


ご馳走様でした。
メリー・クリスマス♪
[PR]
by kiyotayoki | 2012-12-24 11:07 | 美味

エイジングビーフ(熟成牛肉)

週に2回ほど通っているスポーツジムのそばに、 10日ほど前、
エイジングビーフ(熟成牛肉)の 専門レストランがオープンした。
『グリルド エイジングビーフ』といって、 西日暮里にある有名店の支店ようだ。
店の前を通るたびに、思わずヨダレがたら~り(^_^;)
つい先日は牛込のほうで肉専門のイタリアン(『カルネア』)を見つけたし、
肉食が復活しつつあるんだろうか(政界が右傾化しているのと関係あり?)。

その一方で、朝日新聞の日曜版では「人類はいつまで肉を食べ続けられるのか」
という特集をタイムリーにやっていた。

記事によると、世界の人口が倍以上に増えたこの半世紀で、
食肉の消費量は4倍に拡大したのだそうな。
その肉(牛肉)を1㎏つくるのに、えさとして11㎏の穀物が必要だという。
僕らが肉を求めれば求めるほど、世界では穀物さえ満足に口にできない人々も増えていくということ。

食肉の輸出入にはTPPも絡んでくるし、う~ん、悩ましい問題です。

a0037414_12344356.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-23 12:35 | 美味

4回目の神楽坂マルシェ♪

あの震災以来4回目となる「神楽坂マルシェ」が
日曜日、開催された。

これは東日本大震災の被災児童を支援するために、
神楽坂のカフェバー「イヴ・テラス」のご主人の呼び掛けで始まったチャリティー屋台イベント。

神楽坂界隈の名店のフレンチ、イタリアン、中華、和食などさまざまな料理が安価に味わえる
というのがウリで、その評判を聞いてか、回を追うごとに入場者は確実に増えております。

昨日も大混雑で、お目当ての料理をゲットするのにひと苦労。

今回、目についたのは、出たゴミの仕分けや整理をする子供ボランティアの姿。
たぶん、出店している店のスタッフのお子さんなんだろうな。健気に動き回っておりました。


次回は開場時間をもう少し早めてくれるといいんだけどな。

a0037414_1025173.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-12 10:02 | 美味

初体験はやっぱり新鮮・楽しい♪

先週末、芝パークホテルで行われた千原櫻子さんの出版記念パーティに出席した時、
謹呈品としていただいた袋の中に入っていたのがこのマカロン。

マ・メゾン・エンドウの遠藤パティシエがこの日のために作った特注品だそうな。
朝、コーヒーのお共に美味しくいただいていたら、2個目で「?!」。
というのも、舌にピリッときたから。
何味だろうと思って見てみたら、なんと“わさび味”!
マカロンなんて滅多に食べない上に、初めての食感、新鮮でした。

ご馳走様でした(^_^)v

a0037414_1002598.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2012-11-10 10:01 | 美味

熊本・天草名物:コノシロ寿司

友人から、熊本・天草名物の
「コノシロ寿司」をいただいた。

a0037414_23363579.jpg

コノシロ(鮗)はニシン科の出世魚で、5㎝ぐらいの幼魚の頃は「シンコ」。
7㎝ぐらいになると寿司屋でよく食べる「コハダ」に。
12㎝ぐらいになると「ナカズミ」。
そして、15㎝ぐらいになると「コノシロ」と呼ばれるようになる(いただいたのは20㎝位あったかな)。

内臓をきれいにお掃除して酢でしめて、寿司飯を詰めたのが「コノシロ寿司」。
天草周辺じゃ、正月やお祝い事があった時には欠かせないものらしい。

昔、一度食べたことがあったけど、酢が効いていて美味しかった。
天草では頭からガブッと食べるそうだけど、それはちょっと遠慮した(^^;

この「コノシロ寿司」は、上天草にある小松屋渚館というホテルで調理されたもの。
なんでそんな詳しいことまでわかっているかというと、そこが友人の母方の実家だから(^^ゞ

で、なぜそこからお祝い事に使われる「コノシロ寿司」が送られてきたかというと、
友人のお嬢さんがまもなく結婚式を挙げるから。
思いの外たくさん送られてきたので、お裾分けしてくれたというわけ。

穂積くん、お嬢さん、おめでとうございます♪
そして、ご馳走様でした。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-10-01 08:18 | 美味

銀座の老舗洋食店『煉瓦亭』のマッチ

今どき、宣伝用のマッチが置いてある店ってホントに希少なのだけど、
先日入った銀座の洋食店『煉瓦亭』(明治28年創業)は、
さすが洋食文化発祥の店のひとつと言われているだけあって、レジに宣伝マッチが用意されておりました♪

a0037414_15412089.jpg

ちなみに、中に入っていたマッチ棒の数は、15本。
さて、何に使おう。
まあ、とりあえずは非常時のためにロウソクと一緒に保管しておこうかな。




a0037414_1548782.jpg

このお店の定番料理の2皿。
「元祖オムライス」は、卵で包まれているのではなくて、
ライスの中に既に溶き卵が混ざって焼かれているのが特徴。
この店で誕生したといわれる「カツレツ」も、サクサク、ジューシーで美味しゅうございました。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-08-09 15:52 | 美味

オマール海老

オマール海老を食べてきた。

見た目の迫力は、さすが♪
4人で2尾、なので1人で半身。

爪も身の身も、とても美味しゅうございました(^_^)v

a0037414_1443949.jpg

上野のROBS(ロブス)にて。
[PR]
by kiyotayoki | 2012-07-14 14:44 | 美味

お昼だけやってるお店「イッツ シュリンプ!」

隙間ビジネスとかニッチビジネスというキーワードをよく耳にする。
大手の企業が手を出さないような、「えっ、こんな事が仕事になるの?」
ってところに目をつけて、それを収入に結びつけてしまう・・・そういうのを隙間ビジネスというのかな?

世の中には、人が思いもつかないような事や気づきもしないような「隙間」を実際にビジネスに結びつけて
収入にし、夢を実現している人達がいるんだね。

先日、ランチタイムに訪れた神楽坂の「It's shrimp!(イッツ シュリンプ)」というラーメン屋さんも
そんな隙間ビジネスを実践しているお店だった。

a0037414_101199.jpg

一見すると普通のラーメン屋さん。それがなぜ隙間ビジネス実践店なのかというと、
このお店、ランチタイム(午前11時~午後2時 日・祭日休)しかやっていないから。
しかも、「魚串さくらさく」という魚串専門店の店鋪を昼間だけ借りて営業をしている店なのです。
つまり、他人の店が使っていない隙間の時間と場所を借用してビジネスをしてるんだね。

なるほど、こうすれば高い賃料を払って店を確保しなくても自分の店が持てるわけだ。
貸す側も、店舗を有効活用できて、いくらか賃料も入ってくるんだから、悪い話じゃない。

この「It's shrimp!(イッツ シュリンプ)」はエビ麺専門店。

お店のご主人がやっているブログによると、

エビ麺とは。。。

エビ好きの女の子の
エビ好きのおっさんによる
エビ好きの女の子の為の
新ラーメン

それが、、、エビ麺!


なんだそうな。

いくつかメニューがあったけど、初めてだったので最もシンプルでオーソドックスな「エビ麺」を注文した。
料金は500円。「女の子のための新ラーメン」とあるように、女の子向けにサイズはやや小ぶり。

a0037414_1045343.jpg

これじゃ足りないと思う人は、プラス100円で麺をダブルにしてボリュームをアップさせることもできるらしい。

食べる前に、
お店の人から「こちら(海老を塩漬けにして発酵させた調味料)をよく混ぜてお召し上がりください」とのレクチャーあり。
まずは混ぜないでベースのスープをひとすすり。
桜エビの香りとちょいとピリ辛でコクのある味わいがう~ん美味しい♪
そのあと調味料を混ぜながら食べ進むと、海老の豊かな風味とエスニック感が増してきて美味しい美味しい♪

麺をダブルにしなくても、充分満足できる一杯だった。
若い女性だけでなく、男性も満足できるラーメンだと思いましたよ(^_^)v
[PR]
by kiyotayoki | 2012-05-16 11:15 | 美味

GWの昼ごはん

休みの朝、何かお昼ごはんを作ろうと思い立ち、
前から気になっていたトマトライス作りにトライしてみることにした。

このトマトライス、簡単なのがいいんです。

炊飯器に洗ったお米と煮たコンソメスープ、裏ごしした水煮トマト、タマネギのみじん切り、
それにニンニクと塩胡椒etcを入れて、スイッチを押すだけ。

炊きあがってちょっと蒸らして、全体に軽く混ぜて余分な水分を飛ばしてお皿に盛り、
刻んだパセリをトッピングしたらできあがり。

それがこちら。

a0037414_1221183.jpg


味は、うーん、まあ、こんなもんでしょうか(^^ゞ
その後作ったベーコンエッグとの相性はまあまあ良かったですよ。

ちょっと作りすぎたので、残りは夜にチャーハンにしたりして完食。
ただ、また作るかと問われたら、う~ん。。。ですけど(;^^
[PR]
by kiyotayoki | 2012-05-02 12:36 | 美味