「ほっ」と。キャンペーン

映画の心理プロファイル

<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『ノッティングヒルの恋人』(1999 米)

a0037414_180526.jpg
原題:『NOTTING HILL』(123分)
監督:ロジャー・ミッシェル
脚本:リチャード・カーティス
音楽:トレヴァー・ジョーンズ
出演:ジュリア・ロバーツ
    ヒュー・グラント
    リス・アイファンズ

主人公の職業が本屋だということをすっかり忘れていた作品です。
思い出させてくれたcitydeさんakfkjpさん、感謝デス。
ロンドンの西にあるノッティングヒルの住人ウィリアム・タッカー(H・グラント)は、旅行専門の小さな本屋を営むバツイチ男。
a0037414_1235471.jpg
この本屋さん、実在するんですってね。地元じゃちょっとした観光名所になってることでしょう。
このお店の外観は青を基調にしていますが、この映画で青が目立つのはこのシーンだけではありません。
ウィリアムの住む家の玄関扉の色も青。
青は、抑制的・内省的な気持ちを表す色ですから、ウィリアムの心の色とシンクロしているのかもしれません。ウィリアムは、妻が“インディ・ジョーンズ似”の男と駆け落ちして以来、鬱々とした暮らしをしているのですから。

そんなウィリアムがなんと来英中のハリウッドスター、アナ・スコット(J・ロバーツ)と恋に落ちてしまうのです。しかも出会いは超偶発的。ノッティングヒルの街をオレンジジュースを持って歩いていたらアナと鉢合わせしちゃう!
もし自分が脚本家なら、気恥ずかしくて書けないようなハプニング。
だけどそれが不思議と許せちゃう映画なんですね、これが(^~^ヾ。
ちなみにオレンジ色は「ちょっと大胆な行動に出たいという欲求」を表す色。ま、そんなオレンジ色に刺激されたわけじゃないんでしょうが、ウィリアムはオレンジ色に染まったアナのTシャツの着替え場所として自分の家の提供を申し出ます。すると、アナったらノコノコとついて行くじゃありませんか。うそ~ッ。
実は2人は、正確にはこの時が初対面ではないんです。このちょっと前にアナはウィリアムの本屋を訪れていて、万引きしそうになった客との応対を見てその人柄に好感を覚えていた。それがあったからこそノコノコとついて行っちゃったと思われるんですね。
そういう所をちゃんと押さえてあるので、このあざといハプニングも許せちゃうのかも(^^ゞ。

アナの気まぐれから始まったような恋だし、身分違いの恋なので、ウイリアムはかなり苦労します。その苦労ぶりがユーモラスに描かれているところがこの映画の楽しいところかな(脚本のリチャード・カーティスは『ラブ・アクチュアリー(2003)』の監督・脚本を務めた人。恋愛物はお手の物なんでしょう)。

恋の心理法則に「あまり境遇の違いすぎるカップルは長続きしない」というのがあります。恋愛にも損得のバランス感覚が必要で、あまりにも違いすぎると、わだかまりや引け目がふくらんで関係が壊れてしまいがちなんでしょうね。
玉の輿に乗っても必ずしも幸せになるとは限らないことは芸能人の離婚劇を見れば一目瞭然ですよね。
さて、我等がウィリアムはその違いを乗り越えられるんでありましょうか?

a0037414_2194781.jpg

      こちらは、ウィリアムんちの居候スパイク(R・アイファンズ)。
      背中には「FANCY A FUCK(イッパツ、どう)?」とプリント
      されてます(^^;

テーマ曲の『she』はメロディアスで恋愛映画にぴったりな曲。
エンディングで歌ってるのはエルビス・コステロ。
これは聞けばすぐわかるけど、オープニングで歌ってるのがシャルル・アズナブールだということ、今回初めて知りました♪
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-29 18:51 | 映画(な行)

『ゲッタウェイ』(1972 米)

a0037414_1242999.jpg
原題:『THE GETAWAY』(123分)
監督:サム・ペキンパー
原作:ジム・トンプソン
脚本:ウォルター・ヒル
音楽:クインシー・ジョーンズ
出演:スティーヴ・マックイーン
    アリ・マッグロー
    ベン・ジョンソン
    アル・レッティエリ  

久しぶりに見直してみて評価が上がる作品と下がっちゃう作品がありますが、これは意外にも(というのもナンですが)前者でした。
マックイーンの出演作としては、カッコよくてタフな彼を堪能できる最後の作品なんじゃないかな(これ以降の作品は、どんどん渋くなっていくので^^;)。

刑務所内の工作所で規則正しく鳴り続ける自動織機の音。延々と続くその単調な音がこれからも延々と続くであろう味気ない刑務所暮らしとシンクロして、男(S・マックィーン)を苛立たせます。茫漠たる絶望感。耐えきれなくなった男は、面会に来た妻に「仕事をするとベニオンに伝えてくれ」と命じます。
男の名はドク・マッコイ。妻の名はキャロル(A・マッグロー)。
夫の指示通り、地元の実力者ベニオン邸を訪れるキャロル。
その甲斐あってか、ドクは仮釈放を許されます。

久しぶりの娑婆に解放感を味わうドク。
ちなみに『娑婆』は広辞苑によると「苦しみが多く、忍耐すべき世界の意」とあります(^^;。うむむ、否定はできないなぁ。
ひとときの解放感を味わったドクでしたが、娑婆はやはり娑婆だということをガツンと思い知らされることになっちゃう。
ベニオンはドクの仮釈放実現の見返りにキャロルの肉体的奉仕を求めていたのです。おまけにドクに仕事(銀行強盗)をさせたら、部下のルディ(A・レッティエリ)に始末させるつもりでいた。金と女の一挙両得を狙っていたのです。
a0037414_12203497.gif
だけど、危機回避能力と銃の腕はルディよりドクのほうが上だった。
それに、キャロルはたとえ他の男に身を任せてもドク一筋の女だった。
このわかり易さがいい。
複雑すぎる心理描写はアクション映画には不向きだもの。

それから始まる2人の逃避行。
迫り来る追っ手(ボスのベニオンを殺された上に銀行から奪った金まで持ち逃げされているので必死デス)。飛び交う銃弾あめあられ。まさにペキンパーの世界。

この作品、1994年にアレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガーでリメイクされていますが、比較して観てみると面白いですね。たとえば、妻のキャロルはリメイク版のほうが自己主張をするし確実に強くなってますし(夫にひっぱたかれたら、ひっぱたき返します^^)。そういう点では、ベイシンガーのほうがマッグローより魅力的かな。
だけど、ボールドウィンとマックイーンは比較にはならない。
もちろんマックイーンの勝ち。
a0037414_21411665.jpg
a0037414_21483552.jpg
脇役陣もオリジナルの勝ちかな。特にジイちゃん役者たち。田舎町のホテルの支配人をやったダブ・テイラーにしても、ラストに登場するスリム・ピケンズにしても、出てくる時間はちょっとなのにその存在感はさすがに年季が入ってます。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-27 21:49 | 映画(か行)

『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』(2005 米・英)

a0037414_10701.jpg
原題:『WALLACE&GROMIT
in the curse of the were-rabbit 』(85分)
監督・脚本:ニック・パーク
        スティーヴ・ボックス
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリス(萩本欽一)
       ヘレナ・ボナム・カーター(飯島直子)
       レイフ・ファインズ(大川 透)

犬つながりで(^~^ゞ。
このシリーズの素晴らしいとこは、今どきの饒舌な動物映画と違ってグルミットがおしゃべりじゃないってところかな。
っていうか、ひと言もしゃべらない♪犬の分をわきまえてる♪♪
なのに、グルミットの気持ちはこっちに十分すぎるほど伝わってくる♪♪♪それだけ表情が豊かってことですね。単純なつくりの、しかも粘土のくせに(^^。

前にも紹介したことがありますが、マレービアンという心理学者がこんな統計(数式)を発表しています。

好意の総計=言葉(7%)+声のトーン・抑揚(38%)+顔の表情(55%)

相手に好意を伝えるのに「言葉」は7%しか役に立っていない(^^;。
どんなに弁舌さわやかでも、顔の表情が暗かったり、無かったりすると相手に好意は伝わらないということです。逆に、素敵な笑顔の持ち主は一言も喋らなくても相手に好感を持たせることができる。グルミット然りです。
これは口下手な人にとってはとてつもない朗報ですよね。
口下手な人は喋ることに苦手意識があるから、その自信のなさが顔に表れちゃう。だから笑顔もぎこちなくなっちゃう。そこを「口下手でもかまわないんだ」って開き直ることさえできれば、ぎこちなさが取れて素敵な笑顔になる。そうすりゃもう百人力。好感度はグングンうなぎ登りというわけ。つまり、モテないとすれば「口下手」が問題なのではなくて「顔の表情」だということ。
タレント事務所に入ったアイドルが、笑顔づくりのレッスンをさせられるのはそのためでもあるんですね(笑顔も顔に貼り付いたようになると、今度はバッシングを受けたりするのでタイヘンなんですが^^;)。

さて、ウォレスの珍発明から起きる大騒動を愛犬グルミットが必死に健気に尻拭いするという図式は今回も同じです。
今回の発明品はウサギに優しいウサギ回収マシーンBV6000。
なぜそんなマーシンを作ったかというと、このところ町では野ウサギの大繁殖に頭を悩ませていたから。この季節、町では年に一度行われる“巨大野菜コンテスト”の話で持ちきり。その大事な野菜を野ウサギに食べられたら一大事というわけで、ウォレスとグルミットが始めた野ウサギ駆除会社は大繁盛しているのです。
a0037414_1132768.jpg
それだけなら町の人たちから感謝されてめでたしめでたしだったんだけど、ウォレスが作ったもう一つの珍発明がとんでもない騒動を引き起こすことになっちゃうんですね。
まあ、それは観てのお楽しみ。
ひとコマひとコマ、手作りでつくり出された魅惑の世界、今回も思い切り楽しめますよ。

それにしても、このシリーズに出てくるブリキのおもちゃっぽい車やメカ、いつ見ても魅力的ですね。机に飾るオブジェに欲しいなぁ。

a0037414_1112455.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-25 11:16 | 映画(あ行)

待ちぼう犬 vol.4 

昨日の“崖っぷち犬救出”のニュースを見て、
久しぶりに我が家にいた“待ちぼう犬”のことを思い出してしまいました。
a0037414_9572592.jpg
名前はポチコ
迷い犬だったポチコが我が家の一員になるまでには紆余曲折がありました。
まず近所に住む中学生の女の子が拾ったんだけど、「受験の邪魔になるから」と父親が上野の山に放置しちゃった。

それを聞いたご近所のWさんという犬好きの奥様が「それはひどい!」と探し回り、保健所に捕まっていたのを発見、無事連れ戻すことに成功したのです(あと1日2日遅ければ処分されるところだったんだとか)。

だけど、連れ戻したのはいいけれど、Wさんちには2匹犬がいてこれ以上飼う余裕がない。そこで白羽の矢が立ったのが我が家だったのです。

その年(1992年)は迷い犬の当たり年で、うちではポチコがやってくるまでに2匹も迷い犬を保護しておりました(ダックスとボルゾイで、どちらもほどなく飼い主が見つかりました)。そんな変な“実績”があったので、「ならばこの犬もお宅で」ってことになったんだと思います(^^;。
そんな経緯で飼い始めたので、
「いつか飼い主が現れるかもしれないし、ポチで・・・。
え?メス?じゃポチコでいいか」と、安易に命名。
ところが、飼い主はとうとう現れず、ポチコはポチコという名のままで10年、我が家で暮らすことになってしまったのでした。
考えてみたら、10年も待ちぼう犬をしていたってこと、かな・・・。

ポチコ、本当はなんて名前だったんだろ・・・
本当の名前で呼んだらどんな顔するだろ・・・、よくそう思ったものです。
うちに来た時はもう成犬で、3、4歳にはなっていたはず。
だから、本当の名前で呼んだらきっと目を輝かせたんじゃないか、と。

それが最後まで叶わなかったのは、今も心残りのひとつです。

d0017626_17235057.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-23 09:57 | 待ちぼう犬

待ちぼう犬 vol.4

a0037414_17142832.jpg
例の徳島の“崖っぷち犬”、やっと救出されましたね。
目撃されてから6日目にしての救出劇。
まだ幼そうだなと思っていましたが、保護してから調べてみたら、生後約6ヶ月のメスだったんだとか。
引き取りたいという人がもう何十人も申し出ているそうですが、野生犬なので人間に慣れるまで1ヶ月ぐらいは保護センターで“待ちぼう犬”をしなきゃならないようです。

それはそうと・・・
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-22 21:29 | 備忘録

“本屋”にまつわる映画

la-pandaさんちにお邪魔した時、“本屋(書店)”が印象に残る映画は何だろうと記憶の糸をたぐっていたら、いくつか思い出したので、この際メモしておきたいな~と(^ー^ ゞ。

a0037414_10462953.jpg
恋におちて』(1984)
本屋での出逢いっていうと、まず思い出すのがコレ。
主人公の2人、フランク(ロバート・デ・ニーロ)とモリー(メリル・ストリープ)はマンハッタンにある書店『リゾーリ』の店内でぶつかった拍子に互いの本を間違って持ち帰ってしまうのです。そこから始まるとっても純な、でも“不倫”の愛の物語。
何年か前、ひょっとしたらそんな出逢いもあるかもとミーハー気分で店内を1人でうろついたことがあります。案外狭い本屋で、これならぶつかるチャンスもあるなと期待したけど、結果は当然のことながら×でした(^^;。

ヒート』(1995)
これもデ・ニーロ出演作。デ・ニーロ扮する犯罪のプロ・ニールが、アル・パチーノ扮する刑事と丁々発止の頭脳戦・銃撃戦を繰り広げるハード・アクションです。そんなニールが唯一心を許した相手が書店で知り合った女性イーディ(エイミー・ブレネマン)。
といっても、初めて声を交わしたのはカウンター式のレストラン。書店勤めのイーディが店でよく見かける客だったニールに話しかけたのがきっかけ(これも現実にはなかなかないことかな^^;)。
そこでニールが読んでいた本がいかにも犯罪のプロって感じ。なにしろ『チタンの金属疲労』っていうんですから。チタン製の金庫でも破ろうってのかしらん。

a0037414_1204230.jpg
ユーガットメール』(1998)
こちらは今ならありそうな設定。インターネット(メール)で知り合った2人の男女のお話。
知り合ったのはマンハッタンのアッパーウエストで小さな児童書店を営むキャスリーンと、いつも彼女の相談相手になってくれるジョー。ところがそのジョーが商売敵である大手の本屋チェーンの重役だったものだから話がややこしくなってきます。
調べてみたら、キャスリーンの本屋としてロケに使われたのは、『マヤ・シェイパー』というチーズとアンティークのお店だったそうです。

a0037414_13191516.jpg
エターナル・サンシャイン』(2004)
こちらも舞台はニューヨーク。ただ、ジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイトウィンスレット)が出逢うのはロングアイランドの東端のモントーヤだし、ジョエルが住んでるのはマンハッタンからちょっと離れたヨンカーズだったりするので、最初に観た時はもっと北のほうの町なのかなと思っていました(風景や色彩がイギリス映画っぽいんです)。
そんな2人が再会するのが、クレメンタインの勤めるBarnes&Nobleという実在の大手書店チェーンでした。このシーン、思い出消去マシーンでどんどん過去の記憶が消去されていくところで出てくるので“消え方”がある意味見どころになっています(今回、これを書くために見直してみて初めてその“消え方”に気づいてビックリ!)。

追加で・・・
パリの恋人』(1957)
オードリー・ヘプバーンとフレッド・アステア共演のミュージカル。
こちらも2人の出会いはNY。グリニッジ・ヴィレッジの古本屋を任されているのがオードリー扮するジョー。そこにアステア扮するファッションカメラマンのディックがモデルを引き連れて撮影にやってくる。そこでディックがジョーをモデルにスカウトし、そのあと舞台はパリへ・・・。

陰謀のセオリー』(1997)
本屋さんでの出会いはないけれど、本屋が主演の2人を危機に陥れる映画。その2人とはメル・ギブソン扮するジェリーとジュリア・ロバーツ扮するアリス。
過去の記憶をなくしたジェリーは、本屋でサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を見つけるとなぜか買わずにはいられないという性癖を持つ男。マンハッタンの東17丁目にある本屋でそれを見つけてしまったジェリーは思わず購入。その情報が政府の某組織に伝わり、ジェリーは追っ手に居場所を掴まれてしまうのです。

こうやって見てみると、西海岸が舞台の映画で本屋が出てくるのは「ヒート」だけ。本屋みたいな知的(?)な空間は西海岸を舞台にした映画には向かないのかな(^^;。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-21 17:56 | 閑話休題

待ちぼう犬 vol.3

元祖“待ちぼう犬”みたいな犬、
それが渋谷駅前の銅像でもお馴染みのハチ公
飼い主の上野博士が亡くなった後も、駅前で博士の帰りを待ち続けたという待ちぼう犬の鑑のような存在。
駅前の屋台でくれる焼き鳥目当てに通っていたという説もありますが、それよりご主人を待ち続けていたと考えたほうがロマンがあっていいですよね。
a0037414_1655468.jpg
そのハチ公の剥製(!)が今、秋田県立博物館に“最後の里帰り”展示中なんだそう。
なぜ“最後の”なのかというと、それが終わると東京の国立科学博物館の常設展示品になるかららしい。
期間は11月18日(土)~12月17日(日)。
しかし剥製って、どれもなんか物悲しいし、痛々しい。自分だったら、一緒に暮らしていた動物を剥製にしようとは決して思わないけどな。

それにしてもハチ公、秋田犬とはいえ、なぜ秋田に“里帰り”?と思ったら、調べてみて合点がいきました。ハチ公って秋田県大館市の生まれだったんですね(なので大館市にも銅像があるらしい)。そこから東京の上野博士んちにもらわれて行ったんだって。秋田から東京って当時は長旅だったんだろうな。
そのあたりのことは、映画になった『ハチ公物語』(1987)でも観れば詳しく描かれてるんでしょうね(あまり観る気はしませんけど^^;)。

a0037414_2029444.jpg

               (1923.11.10~1935.3.8)
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-20 09:48 | 待ちぼう犬

『マッスルモンク』(2003 香港)

a0037414_882662.jpg
原題:『RUNNING OF KARMA』(93分)
監督:ジョニー・トゥ
    ワイ・カーファイ
脚本:ワイ・カーファイ
    ヤウ・ナイホイ
音楽:キャシーヌ・ウォン
出演:アンディ・ラウ
    セシリア・チャン

香港のスター、アンディ・ラウが筋肉ムキムキの坊主(モンク)となって登場する異色作です。
何が異色って、この坊主、タダ者じゃない。
大切な人を失ったことがきっかけで、他人の前世の業(カルマ)が見え、その人の死因を予知する能力を有するようになった男なのです。
男はそれを受け入れることができずに僧職を捨て、今はビッグガイという名の男性ストリッパーになり果て気ままな暮らしを送っているという設定。
a0037414_18424493.jpg
そのムキムキぶりがどれほどのものかというと、ほれ、このとおり!
実はこれ、アメリカ製の特殊メイクというか特製ボディスーツのようなんですが、結構よくできていて、動いてもよじれたりシワになったりしない優れものなんですよ。
この特製着ぐるみのおかげで、アンディ・ラウは超人ハルク並みのボディの持ち主に変身できたわけ。
a0037414_1143716.jpg
ヒロインはセシリア・チャン扮する新米刑事リー・フンイー。
ポニーテイルの似合う日本人好みの女優さんです。
ビッグガイは公然わいせつの罪でこの女刑事に逮捕されることになるんだけど、そこで見てしまうのです。彼女の前世のカルマを。それは中国人を虐殺する日本兵の姿。ビッグガイはその前世の業で彼女が死ぬことを直感視してしまいます。
過去の行為が因となり、現在の果を生む
それが『因果応報』ってやつなんでしょうか。。。

その業を断ち切るべく、ビッグガイは2度彼女の命を救うんだけど、それでも彼女のカルマを断ち切ることはできない。それほど前世のカルマというは強固なものなのか・・・。うーん、困った。
だとすると、どんなにお払いをしようが、仏教が説くように「己の行いを改め」てもダメなものはダメってことですものね。
でも、だからって自堕落な人生を送ると、その業がまた来世の人に悪い影響を与えてしまうから始末が悪い。だから、せめて与えられた現世の人生を精一杯生きなきゃね・・・ってのが仏の教えなのかしらん(^^;。

江原啓之さんの登場で“スピリチュアル・カウンセラー”なる言葉(職業)まで誕生してしまった昨今ですが、江原さんと比べるとビッグガイはかなり不幸な人です。だって江原さんは相手の前世全般を透視する(らしい)のに、ビッグガイは相手の死の場面しか透視できない。しかも見てしまうのは不幸な死ばかり。その上、それを知っても救うこともできない。これはつらい。人の魂を救済するのが責務である僧職を捨てたくなった気持ちもわからないじゃない。
ビッグガイ自身、相当厄介なカルマを背負っているみたいです。

お話は香港映画らしい破天荒な展開を見せつつ大団円を迎えるんですが、この映画どう解釈したらいいのかしらん。仏教の素養がないのでなんとも判断がつきかねております(^^;。
僧衣をまとった娯楽作って感じなので、あまり深く考えないほうがいいのかもしれませんけど。 
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-18 17:32 | 映画(ま行)

『コラテラル』(2004 米)

a0037414_1023421.jpg
原題:『COLLATERAL』(120分)
監督・脚本:マイケル・マン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:トム・クルーズ
    ジェイミー・フォックス
    ジェイダ・ピンケット・スミス・アニー

トム・クルーズが珍しく非情の殺し屋を演じるこの映画、監督はマイケル・マンだったんですね。どおりで夜景にクリア感があると思った。マイケル・マンって都会の夜景を魅力的に撮る監督さんですね(中味は別にして^^;)。

いつもと同じように夜のL.Aを流していたタクシードライバーのマックス(J・フォックス)の運命は、ある男を乗せたばかりに180度変わってしまいます。
客(T・クルーズ)の名はヴィンセント(本名かどうかは怪しいけれど)。
職業は殺し屋。
男は魅力的な額の報酬と引き替えに一晩専属ドライバーに雇いたいと申し出ます。それを二つ返事で引き受けたマックスでしたが、いきなり後悔することになります。
というのも、停めていた車に空から死体が降ってきたから。
この夜、ヴィンセントは5人の男をクールに粛々と殺して回る予定だった。ところが1人目から誤算。撃ち殺した男がはずみで窓を破って外へ転落、タクシードライバーに殺しを目撃されることになっちゃった。
ヴィンセントってプロとしては案外粗忽者なのかも。マックス・フォン・シドー扮する殺し屋(by『コンドル』)あたりだったら、割れやすい窓ガラスを背にして立っている標的ならそれとなく壁のほうに移動させるんじゃないかと思うもの。

その一方で、この男、したり顔でウンチクめいた言葉を吐くのがお好きなよう。
中で、印象に残った会話です。

マックスの「うちのお袋は息子に不満でね」に応えたヴィンセントの台詞。

   「親は自分の欠点を子どもの中に
   見出して、その欠点をとがめるのさ」


なるほどね。的を射たこと言うじゃない、ヴィンセント。
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-15 22:29 | 映画(か行)

11月12日 早稲田鶴巻町にて

a0037414_1003630.jpg
昨日と同じ日に撮った画像です。

こちらは、うちから自転車で5、6分のところにある早稲田鶴巻町。

学生だったころ下宿していたアパートのすぐ近くで見つけた古~い土蔵です。
東京の都心ではホントに見かけなくなりました。
うちの近所にあったヤツは去年壊されてなくなっちゃったし。
これもかなり年季が入っているので、いつ壊されても不思議じゃない。

a0037414_1012578.jpg

戦火もくぐり抜けてきたんじゃないかと思うほどの風情・風格のある土蔵です。

ってことは、学生だった頃もあったということ?
ひゃあ、2年近くも住んでいたのに、気づかないもんだなぁ。

「人の目は見たいものを見るようにできている」ので、当時は見たいものじゃなかった、興味がなかったってことかな(^^;
[PR]
by kiyotayoki | 2006-11-15 10:17 |