映画の心理プロファイル

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『クラッシュ』(2004 米)

a0037414_12533467.jpg
原題:『CRASH』(112分)
監督・原作・脚本:ポール・ハギス
主題歌:キャスリーン・ヨーク
出演:ドン・チードル
    マット・ディロン
    サンドラ・ブロック
    ジェニファー・エスポジート
    ブレンダン・フレイザー
    ライアン・フィリップ他

来月にはもう今年度のアカデミー賞が発表されるというこの時期になって、やっと観ました(^^;。
昨年度のアカデミー作品賞受賞作です。
もういろんな方が書いてらっしゃるだろうから、何を書いていいものやら。
a0037414_20575296.jpg
映画を見終わっても耳に残るのは、『In The Deep』という主題歌。
歌っているのはキャスリーン・“バード”・ヨークという歌手。
女優として映画の中にも出ていたそう(女警官役)だけど、んーっ気がつきませんでした。
映画の前半は特に言葉の暴力で傷つけ合うシーンが続くので、この曲が癒しになります。
舞台は、人種のるつぼのようなL.A.。まるで心に荒いヤスリでもついているかのように、人と人が触れ合うたびにガリガリ擦れ、怒りという火花がバチバチっと散ります。
なので出だしは、どんな悲惨な結末が待っているんだろうと不安になる映画。

群像劇であるこのお話で主役を探すとしたら、“拳銃”かもしれません。
何丁も出てきますが、それがそれぞれに人を操りドラマをつくり出していく。
痛いドラマもあれば、ホッとするドラマもある。
それに操られる人間達がまた引き金の軽い拳銃みたいな連中ばかりだもんだからすぐ暴発しちゃう。
a0037414_17315591.jpg
そのひとりがマット・ディロン扮する警官ライアン。
こいつが「お前はひとりアメリカ合衆国か?!」と言いたくなるような男。差別意識丸出しで、“俺が法律だ”的に力で人の心を踏みにじるかと思えば、危険も省みず人の命を救おうともする。まさにブッシュ・アメリカの体現者なのです。
アメリカって、精神分析風に考えると、「横暴な父親(イギリス)から早くひとり立ちしたのはいいけれど、そのために子供の頃に消えるはずの万能感を成長しても持ち続けてる大人」って感じの国。だから、“世界の警察”とか平気で名乗って他国に介入するし、その一方でお節介なほどの慈愛あふれる行為もしちゃう(^^;。

このマット・ディロンという役者さん、万年青年っぽい人ですが、もう42歳になるんですね。調べて驚きましたが、共演のサンドラ・ブロックとドン・チードルも同い年だそうです。

そうそう、この作品、クリスマス映画でもあるんですね。
なので、心がジワッと熱くなるエピソードも用意されています。
それが“見えないマント”のエピソード。これが憎らしいほどよく出来てる。
群像劇らしく、いろんな人にスポットライトが当たる映画なんですが、その1人がマイケル・ペーニャ扮するダニエル(『ワールドトレートセンター』でも儲け役をやってました)。善良を絵に描いたような男。殺伐としたL.A.では絶滅危惧種に指定されそうな真面目な錠前職人で、ひとり娘をこよなく愛す善きパパです。
そんなダニエルに、憎悪という悪魔が背後から忍び寄るんです。その悪魔がいつ牙を剥くか、このシーンか、それともこのシーンかと、ハラハラドキドキ。
なぜハラハラするかといえば、ダニエルが“見えないマント”を娘に渡していたからです。それは神経過敏な娘のためにダニエルが考え出した架空のマントでした。
「パパが今までケガひとつせず元気でこられたのはこのマントのおかげなんだ。これをお前にあげるからもう安心しなさい。パパにはもう必要ないものだから」
そのセリフを聞いた途端、観客は胸騒ぎを覚えるんです。
「ダニエル、やばいよ。渡して大丈夫なんかい?」って。
しかも、物語はダニエルの死の予感を補強するように進んでいく。このへんのストーリーテリングが上手いんですね。
そして、ついに悪魔が牙を剥く時がやってきます。
しかも、愛する娘の目の前で!
嗚呼、ダニエルの運命や如何にっっっ・・・・

さすが作品賞をとっただけはあります。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-31 18:05 | 映画(か行)

『親切なクムジャさん』(2005 韓)

a0037414_1804329.jpg
原題:『SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE』
(114分)
監督・脚本:パク・チャヌク
音楽:チョ・ヨンウク
出演:イ・ヨンエ
    チェ・ミンスク
    クォン・イェヨン

『チャングムの誓い』で人気の女優、イ・ヨンエさん。ポスターでは中島みゆきみたいな顔に写っていますが、映画の中の彼女は吉永小百合と檀ふみを足して2で割ったようなお顔に見えました。シンメトリーな美しく整ったお顔の女優さんです。
そんなイ・ヨンエの無垢な顔、妖艶な顔、狂気じみた顔、そして般若のごとき泣き顔が拝める作品。
監督は、この作品以上に壮絶な復讐劇が繰り広げられる『オールドボーイ』を撮ったパク・チャヌク。解説によると、これは同監督の“復讐三部作”の完結編にあたるんだそうな(1作目は『復讐者に憐れみを』)。
a0037414_10182490.jpg
この作品で、イ・ヨンエ扮するクムジャが復讐する相手は、嬰児誘拐殺人という自分の罪を彼女にかぶせて13年もの刑務所暮らしを強いた男。
男の名はペク。演じるのは『オールドボーイ』で主役を演じたチェ・ミンシク。
a0037414_12502570.jpg
ペクは2つの顔を持っていました。1つは英語の高校教師としての柔和な顔、もう1つは連続嬰児誘拐殺人犯としての凶悪な顔。クムジャは高校時代の恩師であるペクの柔和な顔にだまされ、産んだばかりの娘を人質にとられ、やむなく殺人犯の汚名を着ることになってしまうのです。

そんなクムジャの刑務所内での呼び名は“親切なクムジャさん”。
優しい笑顔で何くれとなく世話を焼くクムジャに、同房の務所仲間がつけたあだ名でした。
務所仲間たちは知らなかったのです。それが刑務所を一刻も早く出るための、そしてペクに復讐するためのクムジャのかりそめの姿であることを・・・。また、務所仲間に親切にしたのにはちゃんとワケがあったことも・・・。

この復讐劇、前作ほどの激しさはないものの、途中から意外な展開を見せていくので目が離せなくなります。
欲を言えば、チェ・ミンスク扮するペクの凶悪ぶりをもっと表現してほしかったかな。

出所を果たし、いよいよ復讐を開始するクムジャは目の縁をアイシャドゥで赤く染めます。赤は怒りを表す色でもありますものね。その赤と、降りしきる雪の白さが印象に残る映画でもあります。

a0037414_1544106.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-29 18:12 | 映画(さ行)

錯視~回る人影~

錯視にもいろんなバリエーションがあるようで、
こちらもスゴイですよ。
a0037414_19534817.jpg
ナイスバティな女の子がクルクル回る映像をなにげに見てると、いつの間にか逆回転しはじめるのです。しかも、逆回転すると、軸にしていた左足が右足に変わっちゃう。
な、なぜ?
不思議です。

その不思議を味わってみたい人は、下をクリックしてみましょう。
なかなか逆回転しない場合は、足元の影に目を移してみましょう。
影の動きを追ってるうちに、いつの間にか変わってしまいますから。
回る人影
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-27 20:01 | 閑話休題

目の錯覚

前回、周辺視野のことを取り上げたので、
ついでに目の錯覚、錯視についてちょっとばかし。
人間の目って、しっかりしてるようで、
実は案外頼りないところがあるんですよね。
a0037414_23342876.jpg
たとえば、これ。
カフェウォール錯視』と呼ばれるものですが、横線は水平なはずなのに、白と黒のチェッカー模様を描くと、傾いて見えちゃう。

a0037414_23461465.gif

こちらは『ヘルマン格子錯視』って呼ばれてるもの。
白線の交差する部分が薄黒く汚れてるように見えるでしょ。
人間の目には、ないものが見えちゃうのです♪

こちらも、ないはずのものが!
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-25 00:07 | 閑話休題

周辺視野拡大トレーニング

ブログの行き来をさせていただいている方ってそんなに多くはないんですが、その内の2人の方が今年に入って立て続けに転倒してケガを負ってしまわれました(´ `;。
さぞ痛かったことでしょうね。お察しします。

思えば、自転車同士でぶつかって指を脱臼したのはもう2年近く前のこと。
ケガする時って突発的でしょ。当然、心の準備なんてできてないから、軽いパニック状態になって右往左往しちゃう(ボクの場合、病院へ行くのにタクシーに乗ったのはいいけど、財布を持ってなかったもんだから往生しました^^;)。
a0037414_1825746.gif
周辺視野ってご存じでしょうか。
人間の目には、解像度が高く、ものがくっきりと見える中心視野と、その周りのなんとなくぼやっと見える周辺視野があるんだそうで。
左の図は、年代別の周辺視野を比較したものですが、18~30歳ころがピークで、65歳以上の高齢者になると極端に視野が狭くなっていることがわかります。
この周辺視野が衰えると、だとえば段差に気づかずにつまずいたり、角から出てきた人とぶつかったりしてしまうんだそうな。
ボクが横合いから出てきた自転車をよけられずにぶつかったのも、周辺視野が衰えてて、一瞬発見が遅れたのが原因だったのかも。ヤバイっす(^^;。

で、周辺視野の能力を維持する方法はないものかと調べてみたら、
ありました、ありました。
周辺視野拡大トレーニング
っていうヤツなんですが、あなたも試しにやってみませんか?
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-22 18:41 | 閑話休題

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005 英・米)

a0037414_11493377.jpg
原題:『THE HITCHHIKER’S GUIDE
TO THE GALAXY』(109分)
監督:ガース・ジェニングス
原作・脚本:ダグラス・アダムス
音楽:ジョビィ・タルボット
出演:マーティン・フリーマン
    サム・ロックウェル
    モス・デフ
    ズーイー・デシャネル
    ビル・ナイ
    ジョン・マルコヴィッチ
    アラン・リックマン(声)

ピアノを弾けるようになることを今年の目標にしたら、映画を観るためのまとまった時間をとるのが難しくなってしまいました(^^;。そのせいでブログの更新も滞りがち。
こんなことじゃイケナ~イと、眠い目をこすりながら1本やっと見終えました。

「300万年の時を超え、宇宙をさまよう孤独な宇宙船
予期せぬ事故で乗組員は全員あの世行き
偶然生き残った俺はリスター
相棒はホログラムになっちまったリマーと
猫から進化したキャット
それに不時着船から救助したアンドロイド、クライテン
俺達いったいどこに行くんだろうね?」
・・・ってナレーションで始まる『宇宙船レッド・ドワーフ号』(英国BBC製作の30分ドラマ、日本ではNHKで放映)は大好きなSFコメディでした。

なんで映画に関係ないことをまず書いたかというと、この映画を観てたら『レッド・ドワーフ号』を思い出してしまったから。同じニオイがしたんですね♪
『レッド・ドワーフ号』の“ウリ”は、あのホーキング博士も絶賛したというSF設定と、おバカなギャグが満載されていること。そこんとこがこちらの『銀河ヒッチハイク・ガイド』もそっくり!
・・・と思ったら、こちらの原作がラジオドラマ化されたのは1981年。『レッド・ドワーフ号』がTVで放映を開始したのは1988年・・・。こっちのほうが早いんじゃん!

SFには疎いので知りませんでしたが、この『銀河ヒッチハイク・ガイド』の原作は全世界で1500万部の売り上げを誇る伝説的カルトSF小説なんですってね。ふーむ。

いきなり地球が破壊されてしまうので、目が釘付けになっちゃう映画です。
破壊された理由は、地球が運悪く太陽系を通る銀河バイパスの通り道になっていたから(笑;)。
工事が行われることは50年も前から宇宙のどこかに告知されていたらしいんだけど、地球からほとんど出たことのない地球人が知る由もなかったのです。
ところが、地球上の生命体で二番目に賢いイルカ(ちなみに人類は三番目)は、そのことを知っていたらしく、破壊される前に地球からいなくなっていたのでした。
・・・と、いきなりとんでもない展開で始まるんですが、キーを叩いていても気もそぞろ。キーがピアノの鍵盤に見えちゃう(^^;。
というわけで、今回はこれにて終了。
ピアノの練習にとりかからせてもらいます(^^ヾ。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-19 12:48 | 映画(か行)

大人のためのピアノレッスン

ピアノの教材を買ってきました。
今年の目標を「エレピを両手で弾けるようになる」って決めて10日目。
なんとスローなスタートだこと!
a0037414_1951234.jpg
小夏さんはじめ色んな方にアドバイスをいただきましたが、ヤマハのお店に行ったせいか、いろいろ悩んだ末に買ったのは、ヤマハから出ている教則本でした。
「大人のためのピアノレッスン(上下巻)」
さっそくエレピに向かって、指のトレーニングから始めてみました。
これが存外むずかしいの。
左右の指で1オクターブ違う同じ音をはじいていくだけなんだけど、ちょっとテンポを上げると指の動きがシンクロしなくなっちゃう(^^;。

やっと慣れたところで、lesson1の練習曲は「ちょうちょう」。
『大人のための~』だけど、最初はやっぱり幼稚園で習うような曲なのね(^^;
ちなみに、この原曲はスペイン民謡なんですって。

エレピのいいところは音量を下げられることかな。
おかげで隣近所に気兼ねせずに練習することができました♪
あ~疲れた。
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-14 22:40 | 閑話休題

じゃんけんユアサ!

友人から聞いた話です。
友人の6歳になる娘が通う幼稚園では、こんなジャンケンが流行ってるんだそうな。

最初は“ゆあさ”!
じゃんけん“たっち”!
あいこで“えっちじー”!


a0037414_23382795.jpg
“ゆあさ”は国際弁護士兼タレントの湯浅卓のことで、“ゆあさ”の時は親指を立てたグーをして頭を振るんだって。これがグー。
“たっち”は、双子のお笑いコンビのことで、“たっち”の時は「ちょっと、ちょっとちょっと」の要領でパーをつくる。これがパー。
“えっちじー”はレイザーラモンHGのことらしいんだけど、彼は親指と人差し指でちょきをつくるのかな?なので、これがチョキ。

誰がつくって流行らせたのかは不明らしいんだけど、幼稚園児たちが「最初は“ゆあさぁ”」ってフリ付きでジャンケンしてるところを想像すると思わず頬が緩んじゃいそ~(^~^
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-11 23:39 | 閑話休題

『紳士は金髪がお好き』(1953 米)

a0037414_22261334.jpg
原題:『GENTLEMEN PREFER BLONDES』
(92分)
監督:ハワード・ホークス
原作:アニタ・ルース
脚本:チャールズ・レデラー
音楽:ライオネル・ニューマン
出演:マリリン・モンロー
    ジェーン・ラッセル
    チャールズ・コバーン

すっかり勘違いしておりました。
この映画のことを『百万長者と結婚する方法』だと思っていたのです。
どちらもマリリン・モンロー出演作だけど、『百万長者~』のほうはローレン・バコールとの共演作。で、こちらはジェーン・ラッセル。
ただ、公開年はどちらも1953年でした。
a0037414_10495322.jpg
NYから豪華客船でパリへ渡る2人のダンサーのお話なんだけど、モンロー扮するローレライは金持ち以外の男は眼中になしという超セレブ志向の踊り子。
「恋とお金とどっちが大事か?そんなのお金に決まってるじゃない。だって貧乏だとお金を稼ぐのに忙しくて恋なんかしてるヒマないもの」
この言葉に彼女の身につけた人生哲学が如実に表れてます(^^;。
a0037414_10164377.jpg
まず金持ちの男をゲットするのが先。相手のルックスや性格は二の次三の次。だって中味は同じ男じゃん。多少外見に難があったって金があれば何でもできるしお釣りもくる・・・。
ある意味、セレブ志向の強い現代の女の子のバイブル的映画なんじゃないでしょうか、これは。

彼女の台詞にはこんな至言もありました。
「お金持ちの男は美人の女と同じなの。
同じ結婚するなら、美人のほうがいいと思うでしょ。
自分の娘を貧乏人と結婚させたい?
苦労のない裕福な暮らしを願うでしょ。
私がそう願ってどこが悪いのかしら?」

男が美人を選ぶんなら、女が金持ちを選んで何が悪い・・・そう正面きって言われると苦笑いするしかありません。でも、価値観の違うジェーン・ラッセル扮するドロシーは、反論はしないものの、「私には私の男の選び方があるわ」って顔。彼女は、いくらお金があっても、つき合う相手はやっぱり心から愛せる男じゃなくっちゃという考えの女性なのです。

彼女たちに選ばれる立場の男族、しかも金持ちでもないボクなんかからしてみればドロシーを応援したくなっちゃうところですが、映画を観てると黒髪のラッセル扮するドロシーより、金髪のモンロー演じるローレライのほうについ目が行っちゃう。
まあ、タイトルからして『紳士は金髪がお好き』ですし(^^;。黒髪のラッセルの脇役感は否めないところ。しかもモンローは売り出し中の26歳。

美人度的に甲乙つけがたい2人の大きな違いは、肩幅の広さかな。男並みに肩幅の広いラッセルの隣りにいるとモンローがとても華奢に見える。つまり、より女らしく見えるんですね。この差って大きいなぁ。
ただし、「男らしさ」「女らしさ」という価値観はその時代や社会、また人によっても変わるもの。ジェンダー(社会的性)ってやつですね。「肩幅が狭いと女らしい」と感じるのは、ボクがジェンダーに操られているせいかもしれません(^~^ヾ。   
[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-10 12:08 | 映画(さ行)

『地下室のメロディー』(1963 仏)

a0037414_2245841.jpg
原題:『MELODIE EN SOUS-SOL』(121分)
監督・脚本:アンリ・ヴェルヌイユ
音楽:ミシェル・マーニュ
出演:ジャン・ギャバン
    アラン・ドロン
    ヴィヴィアンヌ・ロマンス

『地下室のメロディー』なんて、当時としてはオシャレなタイトルをつけたもんだと思っていたら、原題の直訳だったんですね、これ。

カジノの地下金庫に眠る10億フラン強奪という人生最後の大博打を打つのは、5年の刑期を終えて出所したばかりのシャルル。演じるのは当時58歳のジャン・ギャバン。その相棒フランシスを演じるのは当時27歳のアラン・ドロン。新旧2大スターの共演はこれが初めてだったんだとか(同じ監督作『シシリアン』(1969)が2人の最後の共演作かな)。

「カジノ」「現金強奪」というと、思い出すのは『オーシャンズ11』(2001)。そのオリジナル『オーシャンと十一人の仲間』が公開されたのは1960年。その3年後に作られたのがこちら。やっぱり『オーシャン~』に触発されたのでしょうか。

舞台は、南仏の高級リゾート・カンヌ。あちらの高級リゾートに付き物なのがカジノです。その地下金庫には1週間で10億フランもたまっちゃう。それだけ客は散財させられるってことですね(^^;。なのに客は一攫千金を夢見て通い詰める。ギャンブルって怖~い(^^;。
ギャンブルなどで毎回勝つことを『連続強化』、時々勝つことを『部分強化』といいますが、たまにしか勝たない『部分強化』のほうが人はのめり込みやすいことが心理実験でも確かめられています。競馬やパチンコも、たま~に勝てるから「夢をもう一度」って止められなくなっちゃうんだなぁ。

さて、そんなリゾート地にシャルルの指令を受けたフランシスがスポーツカーで格好良く乗り込んできます。
シャルルの指令は以下のようなもの。
・1週間でカジノのある建物の天井裏に上がれるようになっていること
・金持ちは自分で荷物は運ばない。必ずポーターを使うこと
・金持ちらしく必ずホテルの部屋にはひとこと文句をつけること(!)
・プールの更衣室は1シーズン分借りることetc
そんな訓令を受け、フランシスは大金持ちの御曹司に化けて事前の準備を始めます。
だけど「お里が知れる」っていうか、いくら御曹司のフリをしても金をばらまいても地金は出るものなんですね。
男前のフランシスを見て声をかけてきた貴婦人には簡単に見抜かれてしまいます。「あの男は下品ね」と。
まあ、女性の観察眼は鋭いですからね(ある心理実験によると男性の約2倍)。付け焼き刃じゃ簡単に化けの皮を剥がされちゃう^^;。

そういう役は当時のアラン・ドロンの得意とするところ。なので、いきいきと偽御曹司を演じておりました。初老のジャン・ギャバンも貫禄十分。当時はまだ金庫室の防犯システムが大らかな時代でしたから盗みのテクニックも大らかではありますが、スリリングな展開は及第点。
そしてなによりこの映画の白眉はラストです。このラストがあったからこそ、そして軽快で迫力のあるジャズのテーマ曲のおかげもあって本作はクライムムービーの名作になり得たんでしょうね。
どんなラストシーンか。それは観てのお楽しみということに。

a0037414_16574381.jpg

[PR]
by kiyotayoki | 2007-01-05 10:59 | 映画(た行)